ユニットバスにリフォームをするのに必要な日数とは?

ユニットバスにリフォームをするのに必要な日数とは?

お風呂でのリラックスタイムをより快適に過ごすために、ユニットバスへのリフォームを検討される家庭も多いもの。
しかし、そこで気になるのが「リフォームにかかる期間」ではないでしょうか。
お風呂は家族が毎日利用するものだからこそ、リフォーム中の使えなくなる期間のことも頭の中に入れておかなければなりません。
一体どのくらいの期間、お風呂が使えなくなるのでしょうか。
今回は、ユニットバスにリフォームする際にかかる時間などをケースに分けてご紹介していきます。

ユニットバスからユニットバスへリフォームする場合の日数

もともと浴室がユニットバスだった場合は工期も短く済むことが多く、だいたい3〜4日程度の時間があればリフォームを完了させることができます。
さらに、「バスタブだけを交換したい」など、簡単なリフォームをご希望の場合は1日で終わらせることが可能なケースもあり、早期に完了させることができるでしょう。
もちろん内容によって期日には変動があるため、事前に業者の方とよく相談し、工期をしっかりと把握しておくようにしましょう。

タイル形式の浴室からユニットバスへリフォームする場合の日数

もともとタイル形式の浴室だった場合は、「タイルを剥がす」などの作業がリフォーム内容に追加させるため、前述した工程よりも時間を要する傾向があります。
日程としては4〜6日ほどかかる場合が多く、内容によってはリフォーム期間が10日以上になることも覚悟しなければいけません。それだけの時間がかかる可能性があることは把握しておきましょう。

ユニットバスのリフォームの日数が伸びてしまう原因とは?

ユニットバスのリフォームは「内容」によって日数が大きく異なります。
中でもお住まいがマンションの場合は、近隣の方に挨拶をしに行ったり、リフォームの内容を説明するなどの時間も必要なので、通常よりも時間がかかってしまう傾向があります。
その他、繁忙期などではリフォームの職人を手配することが難しく、通常よりも少ない人数で作業を行わなければならないというケースもあるため注意が必要です。
今回ご紹介した日数はあくまで目安として考えておき、実際にリフォームをする際に担当の方に詳しく工期を聞いておくことがトラブル回避につながるでしょう。

ユニットバスにリフォームをするのに必要な日数とは?

毎日使うお風呂がキレイなユニットバスになれば、日々のバスタイムが楽しくなります。
リフォームに時間がかかってしまうこともありますが、数日を耐えれば快適なバスタイムを手に入れることができるのです。
ぜひユニットバスのリフォームをお考えください。