マンションの「お風呂リフォーム」成功のポイントとは?

マンションの「お風呂リフォーム」成功のポイントとは?

毎日の疲れを癒してくれる「お風呂」は、心身の健康にとってとても重要なもの。
そのため汚れが気になったり古くなることで、お風呂のリフォームを考える方も多いですよね。今回はマンションのお風呂リフォームを行う時期の目安や、リフォームの際の注意点などについて紹介していきます。

マンションの「お風呂リフォーム」時期の目安は?

マンションのお風呂場をリフォームする時期としては、15〜20年程度が目安です。
15年を過ぎると浴室内のカビや劣化が進むため健康にも悪影響ですし、掃除もしにくくなってしまいます。マンションのお風呂場は「ユニットバス」と呼ばれる浴室本体を組み立て作られているものがほとんどで、このユニットバスの寿命が大体15年だともいわれています。
お金はかかりますが最新型のユニットバスなら、省エネで掃除も非常に手軽。
浴室の汚れが気になってきたら、一生懸命汚れと闘うのではなくお風呂リフォームを考えるのも良い方法です。
もしユニットバスを交換するだけの単純なリフォームを行うなら、工事期間も3〜5日程度で済むのが一般的。在来工法の浴室をシステムバスにリフォームする場合は、浴室の解体や撤去の後下地コンクリート打設・配管工事が必要なため、工期は〜2週間程度かかります。

豪華な特注システムバスでホテルのような浴室を作ることもできますし、ミストサウナやジェトバスなどの機能をオプションで付けるのも素敵ですよね。
間取りによっては現在よりも広い浴室を取り付けることができる場合もあるので、まずはリフォーム会社に相談し確認してみると良いでしょう。

マンションのお風呂リフォームの際の注意点

マンションの浴室リフォームでまず注意したいのは、マンションの管理規約。
マンションには区分所有法という法律があり、個人でリフォームできる部分とできない部分があります。規約に触れている場合は裁判で工事停止や現状回復が求められるケースもあるので、リフォーム前には必ず管理規約を確認しリフォーム計画に問題がないか検討を重ねましょう。
また、リフォーム工事中は音や臭い・窓からホコリが飛び散るなど、近隣へ与える影響が大きいもの。工事前には近所にごあいさつを行い、工事開始日と終了予定日を伝えておくと良いでしょう。リフォーム業者が回ってくれることもありますが、なるべく自分でも回るようにするとトラブルのリスクを軽減できます。
工事中は決められた工事時間や工事日を必ず守り、近隣の方への配慮を忘れないよう気をつけてくださいね。

マンションの「お風呂リフォーム」成功のポイントとは?

リフォーム時のトラブルを回避するためには、依頼する会社を慎重に選ぶことも重要なポイントです。マンションリフォームの実績が多くある業者を選び、もし工事中に階下への水漏れなどのトラブルが起きた場合、迅速な対応が取れるかなどもしっかり確認しておきましょう。