なんだか洗面台の臭いが気になる! 考えられる悪臭の原因と対策術

なんだか洗面台の臭いが気になる! 考えられる悪臭の原因と対策術

洗面台で顔を洗ったときや歯を磨いたときに、なんだか嫌な臭いがする......という不快な思いをしたことがある方もいるでしょう。手を洗ったり歯をみがいたりするための場所が不潔だと、嫌な気持ちになりますよね。
洗面台が臭う原因として、洗面台下の収納スペースのパイプと床部分の隙間から下水の臭いが漏れていることや排水口の汚れなどが挙がります。
一刻も早く嫌な臭いの元を突き止めて、快適な洗面所にしましょう。
今回は、洗面台が臭う原因と対策方法についてご紹介していきます。

1. 洗面台下の収納スペース

洗面台下の収納スペースの扉を開けて、嫌な臭いを感じた場合は配管やパイプに問題がある可能性があります。
収納スペースには、蛇口部分に繋がっている配管やパイプなどの、排水をするための装置が備え付けられているのです。
排水管の根元に隙間がないか、床とパイプの間に隙間がないかを確認してください。
一般的に接合部分には、隙間を埋める防臭パッキンが取り付けられていますが、老化や何らかの衝撃によってずれたり破損して隙間ができてしまうことがあります。
このできてしまった隙間から、下水の臭いがもれているしまうのです。

2. 洗面台の排水口

排水管の中でS字に曲がっている部分のことを、トラップといいます。これは、排水の臭いや虫などが排水口に上がってこないようにするための仕組みです。
S字状になっているため中間部分に水が溜まる部分があり、ここに溜まっている水のことを封水といいます。しばらく留守にしていて長い間洗面所を使っていなかったり、勢いよく水を出しすぎると、封水が十分に溜まらず、臭ってしまうことも。
また、洗面台の排水口に備え付けられているゴミ受けに、髪の毛やゴミが溜まっていないか確認しましょう。ゴミ受けに長い間放置された髪の毛やホコリも、嫌な臭いを発する原因のひとつです。

これで安心! 洗面台の臭いを防ぐ対策方法

なんだか洗面台の臭いが気になる! 考えられる悪臭の原因と対策術

・防臭ゴム
排水管の根元や床とパイプの間に隙間があった場合は、防臭ゴムを使って隙間を埋めましょう。排水管の根元にある排水プレートを外し、排水管の根元部分に防臭ゴムを取り付けます。防臭ゴムを取り付けたら、排水プレートを元に戻します。

・適度に水を流す
臭いが上がってくるのを防ぐ効果がある封水が十分に足りていない場合は、トラップに水を溜める必要があります。これは、適度に水を流すことで解決できます。

・ゴミ受けを定期的に掃除
洗面台のゴミ受けを、定期的に掃除したり交換してください。
髪の毛やホコリが長い間放置されることで、雑菌が繁殖することもあるので注意しましょう。

洗面台の臭いの原因には、他にもパイプの汚れや破損なども考えられます。自分で確認や修復が難しい場合は、無理をせずに業者に相談してみましょう。
洗面台の嫌な臭いを解消して、快適な洗面所にしてください。