いつでもキレイなキッチンに! IHコンロの掃除ポイント

いつでもキレイなキッチンに! IHコンロの掃除ポイント

フラットな構造のため掃除しやすいIHコンロですが、少し吹きこぼれただけで焦げや汚れがつきやすい面があります。また、忙しい毎日を送っているとついついIHコンロの掃除を後回しにしてしまい、気づいた頃には汚れが落ちにくくなっていることもあるでしょう。
そこで今回は、キレイなキッチンをキープするために、IHコンロの掃除ポイントをご紹介します。

IHコンロを掃除する前の注意点

IHコンロを掃除する前は、火傷防止のために電源を切って冷めるのを待ちましょう。
さらに、以下の掃除道具だと、IHコンロの表面に傷をつけてしまう恐れがあるので使用は控えてください。

・酸性やアルカリ性が強い洗剤
・クレンザー(粉末タイプ)
・スポンジ(ナイロン面)
・金属製のタワシ

IHコンロの掃除ポイント1「普段から洗剤を使って軽く拭くようにする」

IHコンロに目立った汚れがない場合は、しっかりと絞ったふきんなどで拭くだけで十分です。
もし、油汚れなどが気になる場合は、台所用のアルカリ性洗剤を吹きかけてから、拭き取るようにしましょう。水拭きした後に、キッチンペーパーなどで水分をとって終了です。掃除の際は、肌荒れ防止のためにゴム手袋をつけることをおすすめします。
洗剤をひと吹きしても落ちない汚れの場合は、10分ほど待ってから拭き取るようにしてください。

IHコンロの掃除ポイント2「落ちにくい汚れや焦げつきはクレンザーを使用」

用意する掃除アイテムは、「クレンザー(クリームタイプ)」「ラップorアルミホイル」「ふきん」の3つです。ただし、IHコンロの種類によってはクリームタイプのクレンザーでも傷がつく場合があるので、一度目立たない場所で試してから掃除するようにしてください。

IHコンロの掃除方法は、基本的に先程と同じです。
洗剤の代わりにクリームタイプのクレンザーを汚れが気になる部分に塗り、丸めたラップやアルミホイルで円を描くように優しく擦ります。強い力で擦ると、IHコンロに傷がつく場合があるので注意してください。
その後、ふきんなどでクレンザーを拭き取り、水拭きし、キッチンペーパーなどで水分を取り除けば完了です。

IHコンロの掃除ポイント3「頑固な汚れは重曹をペースト状にして半日ほど置く」

いつでもキレイなキッチンに! IHコンロの掃除ポイント

クレンザーが手元にない場合やなかなか落ちない頑固な汚れの場合は、重曹とお湯を使って掃除してみてください。
重曹:お湯を1:2の割合で混ぜ合わせて、気になる汚れの上に乗せましょう。そのまま、一晩〜半日ほど置いたのちラップやアルミホイルで擦り落とすようにしてください。
水よりもお湯のほうが、重曹が溶けやすいのでおすすめです。

キレイなキッチンをキープするには、普段からこまめにIHコンロを掃除することが一番の近道です。料理後などに、水拭きするクセをつけるだけでも汚れ方が違ってくるはずです。
また、使う鍋やフライパンの底が汚れていてはIHコンロも汚くなりやすいため、使う料理道具もキレイにしておきましょう。
気分良く料理できるよう、日頃のIHコンロの掃除方法を今一度見直してみてはいかがでしょうか。