古いガスコンロをお得に処分する方法とは?

古いガスコンロをお得に処分する方法とは?

リフォームや引越しなどでガスコンロが不要になった場合は、それを処分しなければなりません。ガスコンロは比較的重くて大きなものですから「どのように処分すればいいのか……」と、方法に困っている方も多いのではないでしょうか。
今回は不要になったガスコンロをどのように捨てれば良いのかをまとめ、お得に処分する方法をご紹介します。

ガスコンロは処分前に入念な準備を

ガスにまつわるアイテムは危険も多いので、処分前の準備はできるだけ入念に行っておきたいものです。
まずはガスの元栓をしっかりと締めて、ガスホースを取り外します。元栓を開けたまま取り外すと危険ですのでガス漏れを起こさないように気をつけましょう。
元栓から取り外したあとはコンロを軽く拭いておきましょう。

ガスコンロの処分法

ガスコンロの処分法は、大きく以下の3つに分けることができます。
それぞれ細かく違いがあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

粗大ゴミとして出す

自治体のほとんどはガスコンロをリサイクルの対象にしていないため、粗大ゴミとして回収するのが一般的です。数百円程度はしますが、粗大ゴミシールを購入しそれを貼り付けて処分を行います。
ただ、粗大ゴミの回収は事前に業者に連絡する必要があるため、その連絡とシールの購入・貼り付けだけは忘れないようにしましょう。

産業廃棄物処理業者に依頼する

もしガスコンロが大きなものであれば産業廃棄物処理業者に連絡をすることで、回収に来てくれます。産業廃棄物処理業者とは、企業や工場などから廃棄されたゴミを収集する業者なので、家庭内で出たガスコンロの不用品などであれば簡単に撤去してもらえます。

しかし業者に来てもらうことになるため、粗大ゴミの排気と比べて費用はやや高めです。
もしご自身で廃棄できないようであれば選択肢の1つとして検討しみてみましょう。

買取業者(不用品回収業者)に依頼する

ガスコンロを掃除して機能に問題がない、いわゆる「美品」であった場合は、リサイクルショップなどの買取業者が購入してくれる可能性もあります。
ものによっては業者がご自宅にまで来てくれることもあるため、日頃から綺麗に使っていたのであればこういった方法を取ることでお金をもらうことができます。

仮に買取業者がいなかったとしても、不用品回収業者に依頼することで、格安で回収してくれる業者もあります。もし買取で値段が付かなかった場合は、こういった回収業者を活用することも考えておきましょう。

ガスコンロの状態から処分法を決めよう

古いガスコンロをお得に処分する方法とは?

オール電化などを検討されているご家庭にとってはガスコンロの撤去は頭を悩ませる問題の1つだとは思いますが、綺麗なものでしたら業者側が購入してくれることもあるため、可能であれば利用したいものです。
今回紹介した手順を活かし、ガスコンロをお得に回収してもらいましょう。