買い替え時はいつ? 意外と知らないガスコンロの寿命

買い替え時はいつ? 意外と知らないガスコンロの寿命

毎日の調理に使用するガスコンロは、冷蔵庫や給湯器、洗濯機などと同じく生活するうえで欠かすことのできないものです。しかし、その他の製品に比べると故障や不具合のイメージが少ないという方も多いのではないでしょうか。
しかし、もちろんガスコンロにも、だいたいの寿命の目安が存在します。
今回は、意外と知られていないガスコンロの寿命と、買い替え時を見極めるサインについてご紹介いたします。

10年以上問題なく使える場合も!

メーカーの提示するガスコンロの平均耐用年数は、8〜10年程度。しかし、実際には使用頻度や掃除の頻度によって大きく幅があり、日頃のお手入れさえしっかりしていれば平均耐用年数を大きく超えて使用を続けることも可能です。
シンプルな構造ゆえに故障もしにくいため、10年、15年と問題なく使用しているご家庭も少なくありません。
ただし、製造から10年以上経過すると、メーカー側で部品の取り扱いが終了してしまう可能性も。なるべく長く使い続けたいという方は使用が10年を超える前に一度メーカーや専門の業者に点検してもらい、必要があれば部品の交換を行っておくのが良いでしょう。

寿命の見極め方は?

10年を超えて使用しているガスコンロで、以下のような不具合が見られたらそろそろ買い替え時かもしれません。

・火のつきが悪い、又はすぐに消えてしまう
・炎の色がオレンジや黄色などに変化して安定しない
・火力の調整ができない
・不完全燃焼を起こす
・聞きなれない音がする

最も注意したいのは、ガスの供給に関する不具合です。不完全燃焼などで部屋中にガスが充満すると、一酸化炭素中毒などの命にかかわるトラブルを引き起こしてしまう可能性も。万が一上記のような症状が見られた場合は、すぐに点検を依頼するか、ガスコンロの買い替えを検討しましょう。

製造年数で判断する手も

購入から10年以内のガスコンロでも、使用や掃除の頻度によっては先ほどご紹介した不具合が現れることはあります。その場合、点検・修理で使用を続けるか、思い切って新しいものに買い替えるかの判断に迷ってしまいますよね。
そこでチェックしてほしいのが、ガスコンロの製造年数です。実はガスコンロに関する安全基準は、2008年に変更されています。
それまではどれか一つの口に安全装置が取り付けられていればいいものとされていましたが、安全装置のついていない口を使用したことによる事故が多かったため、すべての口に安全装置の取り付けが義務化されたのです。
そのため、万が一ガスコンロに不具合が見られ、なおかつそのガスコンロの製造年数が2008年以前だった場合は、思い切って買い替えてしまうことをおすすめします。

買い替え時はいつ? 意外と知らないガスコンロの寿命

毎日使用する割に、その不具合や故障に気がつきにくいガスコンロ。しかし、ガス機器であるガスコンロこそ、安全のために耐用年数をしっかりと把握しておきたいものです。
今回ご紹介したポイントを意識して、一度自宅のガスコンロの状態をチェックしてみてくださいね。