ビルトイン食洗機の特徴やメリット・デメリットを徹底解説!

食洗機の購入を検討している人のなかには、「ビルトイン食洗機と卓上式食洗機の違いについて知っておきたい」などの考えを持っている人も多くいます。ビルトイン食洗機と卓上式食洗機には、数多くの相違ポイントが存在するうえ、購入者自身の生活環境や家族構成によっておすすめできる食洗機タイプが異なってきます。

ここでは、ビルトイン食洗機の特徴やメリット・デメリットについて紹介します。

ビルトイン食洗機とは?卓上式と何が違う?

ビルトイン食洗機とは、キッチンのシンク下に備え付けられる食洗機のことを指します。ビルトイン食洗機の大きな特徴は、大人数の食器・調理器具を一度に洗浄できる大容量タイプだというところです。

卓上式食洗機の場合、多くのタイプが約1〜3人程度の容量を基準に製造されています。そのため、少人数の家族や一人暮らし向けの食洗機だといえます。対して、ビルトイン食洗機の多くは、約5〜6人分に対応できるよう設計されています。

前述のことから、4人以上の家庭にて食洗機を導入する際は、ビルトイン食洗機を選んだほうが、より多くのメリットを得られるといえるでしょう。

ビルトイン食洗器のメリット・デメリット

ビルトイン食洗機を購入する際は、あらかじめビルトイン食洗機のメリットやデメリットを把握しておくことが大切です。

ここでは、ビルトイン食洗器のメリット・デメリットについて紹介します。

■ビルトイン食洗機のメリット

ビルトイン食洗機には、「キャビネットやシンク下に組み込めるため、キッチンの見た目がスッキリする」といったメリットがあります。たとえば、「キッチンの外観を綺麗に維持したい」や「できる限り広い調理スペースを確保したい」などの考えを持っている人は、ビルトイン食洗機の購入を検討することをおすすめします。

また、卓上式食洗機と比べて静音性に優れたタイプが多いことも、ビルトイン食洗機を購入するうえでの大きなメリットのひとつです。とくに、小さな子どもがいる家庭やマンション・アパートなどの集合住宅に住んでいる人にとっては、ビルトイン食洗機の静音性が大きな魅力になるといえるでしょう。

■ビルトイン食洗機のデメリット

ビルトイン食洗機のデメリットとして、故障時の修理費用や取り替えコストなどの金額が高めに設定されている点があげられます。とはいえ、ビルトイン食洗機の平均寿命年数は約10年程度だといわれています。また、定期的なメンテナンスを実施することにより、使用可能な年数を引き延ばすことも可能です。

前述のことから、故障時の修理費用や取り替えコストをできる限り削減するためにも、日常的なメンテナンス・お手入れの徹底を心がけるようにしましょう。

ビルトイン食洗機を上手に活用しよう

ビルトイン食洗機は、大人数の食器・調理器具を一度に洗浄できるタイプの食洗機です。また、ビルトイン食洗機を購入することで、「静音性の高さ」や「キッチンの見た目がスッキリする」など、数多くのメリットを得ることが可能です。

毎日の家事をできる限り簡素化するためにも、ビルトイン食洗機を上手に活用しましょう。


一覧へもどる