キッチン仕事をもっと便利に! チェックしておきたい蛇口の種類と特徴

キッチン仕事をもっと便利に! チェックしておきたい蛇口の種類と特徴

日々の生活で意外と触れる機会の多いキッチンの蛇口は、一口に蛇口といってもデザインの幅が非常に広く、種類によって使い心地も大きく異なります。経年劣化による不調や使い勝手を考えて別のものに取り換えようと考えている方は意外と多いもの。
しかし、蛇口を選ぶ際は、自宅にあったタイプの中から、家族にとって使いやすいものを選ばなくてはなりません。
そこで今回は、蛇口の取り換えやキッチンリフォームを検討している方が覚えておきたい、キッチンの蛇口の種類と、それぞれの特徴をご紹介いたします。

まずは水栓金具のタイプをチェック

蛇口を選ぶ際にまずチェックしなければいけないのが、蛇口がどのように取り付けられているかです。蛇口へとつながる穴の大きさや穴と穴との距離は基本的に各メーカー共通なので、同じタイプのものなら好みのメーカーの蛇口を取り付けることが可能です。
まずは以下を参考にして自宅のキッチンの蛇口をチェックし、水栓金具がどのようなタイプが確認しましょう。

・蛇口の根元が円柱の場合       ……取り付け穴が1つのワンホールタイプ
・蛇口の根元が横に広いプレートの場合 ……取り付け穴が2つのツーホールタイプ
・蛇口の根元が壁面にある場合     ……水栓金具を壁面に取り付ける壁付きタイプ

蛇口の機能やレバーの種類

水栓金具のタイプをチェックしたら、取り付け可能なタイプの蛇口の中から、理想とする機能の蛇口を選んでいきます。レバーの種類が違えば水やお湯を出す際の動作は変わってきますし、シンクが広い場合にはハンドシャワー機能が必要となるかもしれません。
TOTOが製造している蛇口の種類を参考にして、気になる機能をチェックしてみましょう。

・エコシングル
蛇口の上部にあるレバーを上下左右に動かすことで、蛇口の開け閉めだけではなく、お湯と水の切り替えまで行うことが可能な蛇口。
従来のレバーとは違い、水と湯水混合の境目で「カチッ」というクリック感があるため、水とお湯をしっかりと使い分けることが可能となり、給湯器の無駄遣いを軽減してくれます。

・吐水切り替え
オーソドックスな整流、広範囲をカバーできるシャワー、空気の飛沫を含んだソフトなど、シーンに合わせた吐水方法の切り替えを可能とする機能です。

・タッチスイッチ
レバーではなく、蛇口の先端付近にあるタッチスイッチに触れることで、水を出したり止めたりする蛇口。手の甲や手首、肘などで触れるだけで操作が可能なため、洗い物などで手が汚れている場合や、両手がふさがっている場合の操作がスムーズに。
また、濡れた手が蛇口に触れないため、根元に水が溜まって水垢が発生する心配も少なくなります。

・ハンドシャワー
蛇口の先端部分をホースで引き出すことができ、ハンドシャワーとして使うことが可能となる機能。
広いシンクの隅々まで自在に水を流すことができるため、水を効率よく使うことができます。また、シンクからはみ出るような大きな鍋などに水をくむ際にも重宝してくれますよ。

キッチン仕事をもっと便利に! チェックしておきたい蛇口の種類と特徴

蛇口の取り換え・キッチンリフォームの前にしっかりと種類をチェックしてから蛇口を選べば、取り換え後のキッチン仕事の効率は大幅にアップします。
水栓金具のタイプをチェックし、ご家庭のニーズに合った機能を持った蛇口を選んでくださいね。