種類もメリットもたくさん!対面型キッチンの魅力

種類もメリットもたくさん 対面型キッチンの魅力

新築やリフォームに際して、キッチンをクローズ型から対面型に変えようと検討している方は多くいらっしゃいますよね。
従来のクローズ型にとって代わり、近年は主流になってきている対面型キッチン。
人気の対面型キッチンには、はたしてどのようなメリットがあるのでしょうか?
今回は、キッチンリフォーム前にチェックしておきたい、対面型キッチンのメリットについて詳しくご紹介いたします。

対面型キッチンって?

対面型キッチンとは、壁と向き合った状態で料理をするのではなく、ダイニングやリビングを見渡すような状態で料理を行えるキッチンのこと。
一口に対面型キッチンと言っても、キッチンとダイニングに一切壁がない「オープンキッチン」、キッチンとダイニングの間に手元が隠れる程度の壁やカウンターが誂えてあるものを「セミオープンキッチン」、壁とつながっておらず、完全に独立した「アイランドキッチン」など、作りによっていくつかの種類に分けられるため、自宅の環境に特にあったものを選ぶことが大切です。

対面型キッチンのメリット

幅広い世帯から人気の高い対面型キッチンですが、中でも特に支持が厚い層は小さなお子さんのいる家庭。リビングやダイニングに背を向けるクローズ型キッチンと違い、食事の準備をしながら小さな子どもの様子をチェックすることができることが、子持ち世帯から支持される理由と言えるでしょう。
もちろん、対面型キッチンのメリットはそれだけではありません。
対面型キッチンにすることで得られる主なメリットは以下の通りです。

・開放感がある
目の前が壁ではなくなったことで、料理中の孤立感が軽減し、開放感を味わいながら食事の準備をすることができます。
家族とのコミュニケーションがとりやすくなるのも嬉しいポイントです。

・料理を運ぶのが楽になる
従来のクローズ型キッチンでは、料理が完成したらくるりと振り返ってダイニングへお皿を運ばなければなりませんでしたが、対面型キッチンでは、移動の手間が軽減されます。
ダイニングとの距離が近いため、完成したものからカウンターに出していけば、手の空いている家族がすぐにテーブルへと運ぶことができるのです。

・キッチンを清潔にキープできるようになる
オープン、セミオープンに関わらず、作業場が外からでも見えやすくなる対面型キッチン。
調理・食事後の乱雑としたシンクが外から見えるのはある意味デメリットとも言えますが、決してそれだけではありません。
“いつお客様が来ても良いように”“リビングやダイニングから汚れた食器類が見えないように”と、キッチンを極力清潔に保とうという意識も働きます。

種類もメリットもたくさん 対面型キッチンの魅力

いかがでしたか?
リフォーム、新築の際のキッチンデザインを迷っているという方に向けて、対面型キッチンのメリットをいくつかご紹介いたしました。
近年主流の対面型キッチンと、使い慣れているクローズ型。
クローズ型にも数多くメリットはありますが、やはり小さなお子様がいるご家庭におすすめしたいのは対面型キッチンです。
なかなか決められない! とお悩みの方は、ぜひとも今回ご紹介した内容を参考にして再び検討してみてくださいね。