キッチンに充満する【生ごみの臭い】を防ぐテクニック4つ

キッチンに充満する【生ごみの臭い】を防ぐテクニック4つ

ゴミ箱を開けた瞬間の生ごみの臭いに、嫌な気持ちを覚える方は多いです。
あまりに生ゴミを溜め込んでしまうと臭いが充満してしまいますが、臭いの原因を理解し正しい対策を取ることで、ある程度臭いを抑えることは可能です。
今回は、キッチンに充満してしまいがちな生ごみの臭いの原因と対策方法3つをご紹介します。

キッチンに生ごみの臭いが充満する原因

キッチンに生ごみの臭いが充満してしまう原因には、「栄養分」「水分」「気温」「酸素」の4つの要素が関わってきます。
まず、栄養分と水分が豊富にあることで、臭いを発する雑菌が繁殖しやすくなります。そして、気温が高くなればなるほど菌は活性化するため、夏場になると特に生ごみの臭いが気になる方は多くなるのです。

また、ゴミ箱のような密閉された空間では酸素が少ないことが多く、酸素が少なくなればなるほど嫌気性菌という臭いを発しやすい菌が活性化しやすくなります。そのため、ゴミ箱を開けたときにひどい臭いが漂うようになってしまうのです。

キッチンの生ごみの臭いを防ぐテクニック4つ

キッチンに充満する【生ごみの臭い】を防ぐテクニック4つ

1.生ごみを捨てる前に水気を減らしておく

「水分」は臭いの発生に大きく関わるため、生ごみを捨てる前はできる限り水分を取り除くようにしましょう。
野菜や果物の皮をむいたとき、そのまま放置してしまうと他の水分や料理の汁が混ざってしまうことで臭いがキツくなる恐れがあります。野菜や果物の皮をむいたときはシンクに放置せずに、水分を絞ってからゴミ箱に捨てるようにしましょう。

2.重曹を利用する

臭いを発する菌の多くは「酸性」であることが多いです。そのため、アルカリ性の重曹をかぶせることで酸性を中和できます。さらに、重曹は水分を吸い取る役割も果たしてくれるため、「水気」を減らし臭いを抑える効果も期待できます。
重曹は粉のままでも、水に溶かしてスプレーとして使ってもOKです。

3.クエン酸を活用する

クエン酸は酸性ですが、殺菌能力があるため菌の活動を弱める働きがあります。臭いが気になる生ゴミに、粉の状態で振りかけていきましょう。

4.冷凍する

重曹やクエン酸を使うのが面倒だという方は、生ごみ自体を冷凍してしまうという方法がおすすめです。冷凍することで菌の繁殖を抑えられるため、臭いに悩む必要がなくなります。

生ごみはついつい溜め込んでしまうことも多いので、「キッチンが臭い……」となってはじめて気がつく方も珍しくありません。冬場は大丈夫であっても、暖かい季節は臭いがキツくなりがちです。
今回紹介した原因と対策を踏まえて、一年を通して臭いに悩まない素敵なキッチンを作り上げましょう。