洗っても取れない! シンクの水垢の上手な掃除術

洗っても取れない! シンクの水垢の上手な掃除術

料理や洗い物などでシンクを使用することは多く、その際目につきがちなのが「水垢」です。
放っておくと次第に水垢汚れが目立つようになりますし、そのままにしておくと取り除くのが大変になってしまいます。こういったシンクの水垢は、どのようにして取り除くべきなのでしょうか。
シンクの水垢を上手に掃除する方法をご紹介していきます。

シンクをキレイに! 水垢を上手に取る掃除方法3つ

洗っても取れない! シンクの水垢の上手な掃除術

シンクの水垢汚れを取るためには「クエン酸」を活用することをおすすめします。
クエン酸が家にない場合に使いたいアイテム、さらにあまりに汚れが取れないときの掃除方法などもご紹介します。

・クエン酸を振りかける掃除方法

クエン酸を溶かした水を水垢が気になる箇所に振りかけて、ラップを貼り付けて放置します。これをおこなうことでクエン酸が水垢を分解するようになり、汚れを取り除くことができるのです。
汚れの度合いによって放置する時間を変える必要はありますが、そこまでシンクの汚れが深刻なものでなければ30分ほどが目安になります。
その後は気になる部分を使い古した歯ブラシなどでこすって、水垢を取り除いていきましょう。

・お酢を使って掃除をする方法

クエン酸が家庭にない方は、お酢で代用することも可能です。
ただし、お酢の「ツーン」とする匂いが苦手な方は、クエン酸を購入したほうが良いかもしれません。
空のスプレー容器を用意し、お酢と水を2:1の割合で合わせて専用の液を作ります。ひどくない水垢汚れは、スプレーしてから使い古した歯ブラシやスポンジなどで擦り取りましょう。それでも落ちない水垢の場合は、キッチンペーパーをお酢に浸したものを貼りつけて、数分待ってください。その後、水垢を擦り取ってください。

・頑固な汚れには重曹を使う

クエン酸やお酢を使っても水垢汚れが取れないときは、シンク全体に重曹を振りかけていきます。
気になる箇所に振りかけたら、使い古した歯ブラシなどを使って汚れを磨く感覚で取り除いていってください。一通り磨き終わったら、水ですすいでシンクの水分を軽く拭き取り終了です。

重曹は、シンクについている石鹸カスを取り除くことにも適したアイテムです。石鹸カス汚れが気になるシンクは、重曹でのお手入れがおすすめです。

小まめな掃除でキレイなシンクをキープしよう

シンクにこびりつく水垢は頑固な汚れであることが多く、取り除くには労力や手間がかかってしまいます。そのため可能な限り水回りはキレイにしておくことを意識し、余計な水垢がつかないように心がけることが大切です。