キッチンリフォームの前に確認! I型キッチンのメリット3つ

キッチンリフォームの前に確認! I型キッチンのメリット3つ

毎日使うキッチンは、使い勝手が良いに越したことはありません。
リフォームを考えた際、どのような形状のキッチンが良いのでしょうか。
今回は、最も日本で普及しており人気が高いといわれているI型キッチンのメリット3つをご紹介します。

I型キッチンの特徴

I型キッチンのメリットをご紹介する前に、まずはI型キッチンの特徴をおさえておきましょう。

I型キッチンとは、コンロやシンク、作業スペースなど料理する際に必要なものが横一列に並んだ形のキッチンを指します。シンプルな作りのため、調理中は平行移動だけで済み、使い勝手が良いのが特徴となります。
また、キッチン全体の長さを調節しやすいため、広い台所スペースが取りにくい住宅でも設置しやすく、日本の住環境に馴染みやすいキッチンだといえるでしょう。
キッチン全体が長すぎると動線効率が落ちるので、27cm程度を目安にしてください。

I型キッチンのメリット3つ

キッチンリフォームの前に確認! I型キッチンのメリット3つ

・セミオープンにもクローズドキッチンにもなる

I型キッチンは、前面にカウンターなどを設置すればリビングやダイニングルームを見渡せる対面式のセミオープンキッチンにしたり、反対に他の部屋と完璧に区切られた独立型のクローズドキッチンにしたりすることができます。
セミオープンキッチンの場合は、腰壁や吊り戸棚の有無などによって見せ方を大きく変えることができますし、小さなお子さんがいる場合は料理をしながら子どもの様子を見ることが可能です。
一方、クローズドキッチンの場合は、リビングやダイニングルームのインテリアに合わせることなくこだわりのキッチンを作り上げることができるため、料理が趣味の主婦の方などに高い人気を誇っています。

・好みのデザインのキッチンを作りやすい

I型キッチンは普及率が高いため、比較的安い価格でさまざまなデザインのなかから選ぶことができます。色や素材にこだわることができるため、木目を活かした北欧風のデザインから、鮮やかな色が目を引くスタイリッシュなデザインのキッチンにすることも可能です。

さらに、コンロの前に壁を置けば油はねを防いだり、反対に壁を置かないことでオープンキッチンのような開放感を得たりすることができます。他にも、カウンターの高さを高めに設定することで、散らかりがちな水廻りをリビングなどから隠すことができるので、急な来客があっても生活感を出さずに済みます。
リフォームの自由度が高く、個々の要望を叶えやすいといえるでしょう。

・キッチンをコンパクトにすることも可能

広いキッチンスペースを必要としない場合は、I 型の小さなセミオープンキッチンを入れてその横にダイニングテーブルを配置することもできます。調理だけでなく配膳までも楽にこなすことができるので、使い勝手も良いです。
キッチンとダイニングスペースを小さくすることで、リビングルームをより充実させることが可能です。

L型やU型などさまざまなキッチンの形状があるなかで、I型キッチンは日本の住環境に柔軟に対応することができるため、リフォーム後の満足感も高いといえます。
リフォームの際は、高い機能性とデザイン性を兼ね備えたI型キッチンを候補のひとつとして考えてはいかがでしょうか。