キッチンリフォームのメリットとデメリットを教えます

キッチンリフォームのメリットとデメリットを教えます

より使いやすいキッチンにするために「リフォーム」という手段がありますが、メリットやデメリットについて考えたことはありますか?まずはその両方の知識を得ることで、あなたにとってリフォームが本当に必要なものであるかどうかが分かるでしょう。

キッチンのリフォームの際、対面キッチン、アイランドキッチンなどのメリットデメリットを理解する

キッチンのリフォームを検討する場合、キッチン独自のタイプやテーブルなどの関係を考慮したタイプなどそれぞれの型を知る必要があります。

キッチン独自のタイプには、
・I型
・II型
・L型
・U型
の大きく4種類に分けられます。
これらはコンロ、シンク、調理スペースがどういう配置になっているのかを表しています。

またテーブルとの位置関係で考えた場合、
・片側が壁になっている「壁付けタイプ」
・壁からは離れ家族とも会話ができる「対面式」
・キッチンが島のように離れ複数の人数で調理ができる「アイランド式」
などがあります。

壁付けタイプはスペースが狭くても済む反面、リビングなどからキッチンが丸見えになるというデメリットもあります。
対面式では会話を楽しみながら作業ができますが、壁付けタイプに比べて面積が必要になります。
またアイランド式ではコミュニケーションは取れますが、収納スペースが十分に確保できないというデメリットがあるため、家族の人数やキッチンをどのように使いたいかというコンセプトも加味してキッチンタイプを選びましょう。

システムキッチンのメリットとデメリット

キッチンのリフォームを考えるとき、まず思い浮かぶ言葉は「システムキッチン」ではないでしょうか。
よく使われる言葉ですが、そもそもシステムキッチンとは、何を指す言葉なのかご存知ですか。

キッチンが台所と呼ばれていた時代、コンロや流し台、調理台はそれぞれ別々に用意されていました。
そうした、「料理に必要な機器やスペースが一つになったもの」、それがシステムキッチンです。
つまり、システムキッチンを導入すると、シンク、調理台、コンロ、グリル、収納棚、収納庫と必要なスペックと空間を一括で手に入れることができます。

システムキッチンはすべてがそろっているので、リフォームに必要な工期が短く済むことがメリットではありますが、すべて取り換えため工事が大掛かりになり場合によっては追加工事が必要になる場合があります。

しかし、お洒落で使いやすいシステムキッチンは生活に彩を添えてくれます。
さまざまなメーカーから、種類もデザインも豊富なシステムキッチンが販売されているので、カタログを取り寄せてみるのもいいでしょう。

アイランドキッチンのメリットとデメリット

近年、「アイランドキッチン」が人気となっています。アイランドキッチンの最大のメリットは、開放感があるということです。
視野を広く取ることができるので、キッチンを取り囲むように複数の人で調理することが出来ます。ダイニングやリビングともつながり、コミュニケーションがよく取れることも魅力のひとつです。

デメリットとしては広いスペースが必要になるということがあげられます。また、開放感があるということは、裏を返せば丸見えになっているということを意味しています。汚れなど、あまり他人には見られたくない場合は、常にきれいに保たなければなりません。

他には、
・収納スペースが取れない
・リフォーム価格が高くなる
・臭いや湿気が部屋に広がりやすい
などのデメリットもあります。

壁付キッチンのメリットとデメリット

壁付けキッチンとは壁にピタッとキッチンが引っ付いた従来タイプのキッチンです。
壁付けキッチンのメリットはスペースが広く取れ、キッチンが無駄の少ない空間に出来るという点です。
他にも、前が壁なので調理に集中できるということや、前に窓を設ければ外の景色を見て気分転換を図れるというメリットもあります。

一方、デメリットには、テレビを見ながら、または家族の顔を見てしゃべりながら、というような「○○をしながら」の調理ができないという点があります。
また、間取りにも寄りますが、キッチンの中がリビングやダイニングから丸見えになることも考えらえます。
さらに、一方向からしか手が伸ばせないため、レンジなどの配置を考えるのが難しいということをデメリット感じる場合もあります。

リフォームする前にショールームで確認する

リフォームをするときに大事なことは、ショールームに足を運びチェックすることが重要です。ショールームは見て触って商品の良し悪しを確かめることができます。
写真で見た感じと実際に触れてみるのでは全く違います。そのため、実物を見て触れることは、イメージと違ってがっかりというミスを防ぐことにもつながります。

ショールームに行くときは、事前にある程度のことを勉強してイメージをしておくとよいでしょう。
扉があるものなど動かせるものはすべて動かしてみるなど細部までチェックしましょう。

ライフスタイルや好みに合わせたキッチンのタイプを選ぶ

キッチンにはさまざまなタイプがあります。それぞれの強みや弱点をきちんと調べて把握することで長きにわたって使い続けられるキッチンを選ぶことができます。
具体的な詳細については、当社でも専門スタッフがご案内しています。一度お気軽にお問い合わせください。