使いやすいキッチンはどんなものがあるのか。リフォームの事例を教えます

使いやすいキッチンはどんなものがあるのか。リフォームの事例を教えます

せっかくキッチンのリフォームをするなら、「使いやすさ」を重視したいという方が多いでしょう。それでは、使いやすいという声が多いリフォームの事例をご紹介します。

I字型からL字型にする事で広さを作り動きやすいキッチンなる

住宅事情や生活スタイルの変化にともない、より使い勝手が良くてお洒落なキッチン空間をお探しではありませんか。リフォームはお金も時間もかかるものです。
だからこそ、さまざまな実例やアイデア、かかる費用をしっかりチェックして納得のリフォームをかなえましょう。

キッチンのリフォームで最も重要視されることのひとつに、「限られたスペースをいかに上手に利用するか」ということがあげられます。
そこで、おすすめなのが「L字型キッチン」です。L字型キッチンは名前の通り、コーナーを利用したキッチンのレイアウトを指します。
L字型キッチンは、狭い空間を上手に利用することで使い勝手の良いキッチンにリフォームできます。

また、I字型キッチンと比べると、
・作業がしやすい
・複数の人でお料理する空間ができる
・使い勝手の良い
と満足度が高くなります。
L字型キッチンならではの収納術やレイアウト法を活用することで、より多くのものをおしゃれに収納することも可能です。

大手メーカーから、さまざまなスタイルや色調のL字型キッチンが販売されています。
その中で選ぶ際のポイントになるのが、「間口の広さにあったもの」を選ぶということです。
ご自宅の間取りにあった、スタイルとサイズを選ぶことで、リフォーム後に「こんなはずではなかった」というトラブルを回避することができます。

作業同線を考えたリフォームで料理や洗い物の時間短縮に繋げる

素敵なキッチンは多くの方にとって憧れです。しかし、見た目がよくても使いにくいキッチンでは困ります。見た目やオシャレさだけでなく「作業動線」も考えに入れると、日々の料理や洗い物の時間短縮に繋げることがでます。

キッチンリフォームでポイントになるのは、「導線設計」です。
逆に、キッチン動線を意識せずにレイアウトしてしまうと、作業効率の悪さから無駄な動きが多いキッチンになってしまうこともあります。
毎日作業をする場所だからこそ、使いやすさを重視した作業動線を考えてみましょう。

リフォームの実績画像を見て自宅の構図や予算と照らし合わせる

キッチンリフォームを考えるきっかけとなるのが、
「収納スペースが少なくなってきた」
「古くて汚れが目立ってきた」
「キッチンを模様替えしたい」
などちょっとした不満がきっかけという場合の方が多くいます。

しかし、実際に希望のキッチンを具体的に説明できるという方はあまりいません。
そこで参考になるのが実際の施工例の画像です。
最近は多くのリフォーム業者で具体的に説明しやすいように実勢を紹介する際に画像を取り入れています。
また、リフォームの箇所別あるいは予算別に分かり易く施工例をまとめている業者もあります。
自宅の間取りや予算などもイメージしやすいので活用してください。

身長を考慮した選び方

キッチンはアイランド、独立、オープンキッチンなどさまざまなタイプがあります。
一般的に女性が使いやすい高さを選ぶことが重要になりますが、男性が頻繁にキッチンを使うのであれば、2人に合う高さを考慮しなければなりません。

オーダーメイドタイプは収納スペースやシンク、ガス台など、その家庭に合わせたオンリーワンのキッチンです。
システムタイプは、メーカーで既にある商品を組み合わせたキッチンで、それぞれにメリットとデメリットがあります。

一番使用する頻度が多い人の意見を重視したキッチンリフォームを

せっかくリフォームをするのなら、動線を考えた使い勝手のいいキッチンへと生まれ変わらせましょう。どのようにキッチンで過ごしたいかはそれぞれ異なります。施行事例を参考に、毎日楽しく立つことができるキッチンリフォームを実現させてください。