セルフでの給湯器の交換が危険!? 安全な交換方法とは

セルフでの給湯器の交換が危険!? 安全な交換方法とは

手先を動かすことが好きな方や日曜大工などが得意な方は、「自宅の設備を自分で整えることができるのでは……?」と考えることもあるでしょう。
確かに、日曜大工の感覚で家の破損箇所を直したり、電化製品の設置などを済ませられるのであれば費用対効果が高い場合があります。
しかし、何もかもをすべて自分1人で行うのはNG。とくに、「給湯器」の交換にはさまざまな危険が伴います。
一体どんな危険があるのか、給湯器の交換についてチェックしてみましょう。

セルフでの給湯器交換にはどんな危険がある? セルフ交換がNGの理由とは

>

・経験が浅い場合は事故につながるケースがある
給湯器の取り付け作業だけにフォーカスすると、実はそこまで難しくない工程が多いのが特徴です。しかし、ガス管と湯沸かし器を接続する作業など、素人が仕事をこなせる範囲を超えている部分も少なからずあります。
このような工程を素人が行ってしまうと、空焚きを引き起こしたり一酸化炭素中毒に陥ったりする可能性もあるため危険です。また、爆発が起きて火事になるリスクもあるため、セルフでの給湯器の交換は控えましょう。

・資格が求められる工程がある
給湯器を取り付ける際の工程によっては資格の取得が必要になります。
例えば、ガス管や湯沸かし器を取り付ける作業を行うためには「ガス可とう管接続工事監督者」という資格を持っていなければなりません。
その他にも、「ガス機器設置スペシャリスト」「簡易内管施工士」「液化石油ガス整備士」などさまざまな資格があるため、給湯器の交換はプロに任せる必要があるといえます。

給湯器交換は業者に依頼したほうがお得?

ここまで紹介したようにセルフでのガス給湯器工事は危険が伴う上、専門性が高く資格が必要な箇所も少なくありません。
また、給湯器の取り付けの際に必要な器具を集めようとしても、ホームセンターに置かれていないものもあるため、部品や器具を探すのに長い時間や手間がかかる場合もあります。
このような手間を避けるためにも、はじめから業者に依頼することが得策です。
必要な器具はすべて業者が手配してくれますし、危険なトラブルが起こるリスクを抑えることもできます。お得で安全に給湯器の交換を済ませるためにも、専門の業者に依頼をするようにしましょう。

セルフでの給湯器の交換が危険!? 安全な交換方法とは

給湯器が古くなっているのを目にすると、「ちょっと取り替えてみるか」と軽い気持ちで手を出してしまうかもしれませんが、実は給湯器交換には危険がいたるところに潜んでいるのです。
今回お伝えしたリスクや危険性などをしっかり把握した上で、信頼できる業者選びをすることが大切です。