給湯器から茶色い水が出るトラブル! 考えられる原因は? 対処方法は?

給湯器から茶色い水が出るトラブル! 考えられる原因は? 対処方法は?

まれに、ガス給湯器から茶色く濁った水が出ることがあります。この茶色い水の原因は一体なんなのでしょうか? そして、茶色い水が出てしまったときにはどのように対処したらいいのでしょうか? 今回は、給湯器から茶色い水が出たときに考えられる原因と対処方法をご紹介していきます。

給湯器から茶色い水が出ることがある?

給湯器から久々にお湯を出すときなどに、水が茶色くなったり赤サビっぽいお湯が出たりすることがあります。とくに、古い物件などは給水管が鉄などの金属で作られている場合が多く、配管が古くなってサビてしまうと水が茶色く濁ってしまうのです。
比較的新しい給湯器の場合は給水管に鉄製はなく塩ビ管が使われていることが多く、茶色い水が出ることはほとんどありません。

茶色い水が出たときの対処法は?

茶色い水が出た場合には、しばらく給湯器からお湯を出し続けてみましょう。茶色い水の原因が配管のサビだった場合、しばらくお湯を流せば普段どおりの透明なお湯が出てくる可能性が高くなります。
ただし、しばらく待ってみても水が茶色いままだったり、しばしば茶色い水が出たりして気になるという場合には、プロの業者にチェックを依頼するのがいいでしょう。

水道設備自体に原因があるケースも...

給湯器から茶色い水が出たときには、水道を通ってくる水がどの段階で茶色くなってしまうのかを特定する必要があります。給湯器の様子がおかしい場合には、お風呂から出る水がどのような状態かチェックすると良いでしょう。
茶色の水が出るのがキッチンの給湯器だけならば、キッチンへの配管だけに異常が生じているということになります。キッチンでもお風呂でも茶色い水が出るという場合には、水道設備自体に問題が生じている可能性があると考えられます。

賃貸管理会社や行政に連絡すべきケースもある

賃貸物件の場合、まれに給水タンクのトラブルによって茶色い水が出ることもあります。
茶色い水が出たときには管理会社に相談して対策してもらいましょう。マンションなどの賃貸物件で定期的に点検や管理が行なわれるのは、万一の水道トラブルを防ぐためなのです。
また、道路工事や水道工事の直後に水が茶色く濁ってしまったり、地域の水道管の老朽化による故障が起きていたりすることもあります。こういったトラブルの場合は、水道局や行政に連絡して対処してもらう必要があります。

給湯器から茶色い水が出るトラブル! 考えられる原因は? 対処方法は?

給湯器から茶色い水が出た場合の原因は、給湯器の故障だけとは限りません。水が茶色く濁ってしまう原因はさまざまなので、まずは原因を特定しましょう。セルフでチェックするのが難しい場合には専門業者の手を借りるのが安心ですね。