給湯器を交換する際の相場とは

給湯器を交換する際の相場とは

給湯器を交換するときにかかる費用について気にする方は多くいます。給湯器の種類によって相場が大きく異なりますので紹介します。

給湯器を交換する際の相場は、大きく分けて瞬間型と貯湯型の2種類がある

給湯器には2種類のタイプがあり、それによって相場が大きく違うことをご存知でしょうか。
その違いを知った上で、使用したいお湯の量や制限事項などを知った上で最適のものを選ぶように事前にチェックしておくことがおすすめです。

給湯器には大きく分けて「貯湯式」と「瞬間式」があり、種類によって相場が大きく違います。
その機能について知っておきましょう。

貯湯式

電気料金やガス料金が安い深夜にお湯を沸かして給湯器内に溜め、そのお湯を使う方式になります。
最近流行しているエコジョーズなどがこのタイプです。

瞬間式

給湯器内に通されている細いパイプに水が流れ、そのパイプが交換器内に着火し、その炎で温めます。
すなわち瞬時にお湯が沸かしそのお湯を使う方式であり、ガスや石油を使うタイプがこのタイプです。

貯湯式はたっぷりとお湯が使える反面、そのお湯がなくなれば使用できなくなることがデメリットです。
瞬間式はお湯切れの心配はありませんが、一度に使えるお湯の量は制限がついてしまいます。
どちらにするかでその相場は大きく違います。

給湯器本体の相場価格は、追い炊き機能、暖房機、サイズによって異なり、15万〜30万くらい

給湯器は10年から15年程度で交換の時期を迎えます。

給湯器を交換する際、サイズや機能によって料金は相違します。

暖房風呂給湯器タイプ

給湯だけでなく温水床暖房や浴室暖房乾燥機なども取り付けることができるタイプです。
2〜4人用で、追い炊き機能なしで30万前半、追い炊き機能付きで40万台になります。

風呂給湯器タイプ

1台で風呂を沸かしながら、キッチンや洗面への給湯ができるタイプです。
2〜4人用で、追い炊き機能なしで20万前後、追い炊き機能付きで30万台になります。

ただし業者より金額はことなりますので、事前に調査することをおすすめします。

配管工事や、古くなった部品の交換等追加工事費がかかる場合がある

給湯器の交換の費用は決して安くありませんので、想定外の費用がかかることがないように事前にチェックしておきましょう。
給湯器の交換に際しては、本体の費用のほかに工事費がかかります。
標準工事費には業者によって、含まれるものが相違しますので、業者に事前に確認することがおすすめです。

一般的な標準工事費として、

  • 既存回収手数料(既存回収・一部配管回収共)
  • 新規設置工事
  • 給水、給湯管接続工事(配管接続)
  • 保温工事(配管保温材巻き)
  • ガス管接続工事(強化フレキ管接続)
  • 点火試験費(取扱説明含む)
  • 諸経費(運搬費、車両経費、一般管理費)

となります。

また、追加工事費に関しては、

  • 給湯器の設置場所の変更
  • 追い炊き機能を新しくつける
  • 給湯器に関係する各種部材や配管などに経年劣化や故障が見られる
  • 高層階での作業の場合や寒冷地での作業

といった内容で発生する場合があります。
実際に見積もりをとって確認しましょう。

給湯器は家族の人数に合ったものを選ぼう

給湯器本体の大きさは、「号数」で表現され、水温+25℃のお湯が1分間に出る量(L)が号数に影響しています。

号数が大きければ大きいほど、一度に大量のお湯を使うことができます。
決め手は「家族構成」です。
必要な号数を知る目安としては使用する湯量を目安にするとよいでしょう。

ここでは目安をなる号数として10号、16号、20号、24号、28号について説明します。

  • 10号 皿洗い程度などスポット使用用
  • 16号 1年中快適にシャワーが使えますが、一人暮らし向き
  • 20号 水温が低くなる冬季を除き、快適に使え、2人〜4人向け
  • 24号 冬季でも2か所で快適に使えます。4人以上の家族向け
  • 28号 真冬でもパワフルな給湯力があり、大人数家族向け

リフォームの際、家族構成が変わっていたりする場合は最適な大きさのものにすると、無駄な費用が防げます。

エコジョーズの補助金をもらえる自治体もある

家電ではエコを追求した商品が数多く出回っています。
給湯器も同様で、エコジョーズと呼ばれるエコタイプの給湯器が話題です。

エコジョーズは、設備の費用や本体価格が高いのが難点と考える方もいますが、ガス量をセーブしてお湯が沸かせるという、地球環境の保護を考慮した製品であるという利点があります。

また、人気のエコジョーズは自治体から支給される補助金を使って安価に設置することができます。
具体的には購入価格10万5千円の給湯機なら約2万円の補助金が交付されます。
所定の申請用紙に必要事項を記入し、期間内に提出しましょう。購入した販売店によっては申請用紙の準備から申し込みまでやってくれるお店もあります。

しかし、補助金申請の代行業務を扱っていないお店も少なくありません。
その場合は市役所のホームページを調べ、自分で手続きをしましょう。
なお、自治体によっては補助金の支給をしていない都道府県もあるので注意が必要です。

補助金制度を上手に使って、エコジョーズをご自宅に!

給湯器の交換は決してお安くありませんが、エコジョーズはエコに特化した給湯器なので自治体から補助金が支給されます。
申請も業者が代行で行ってくれる場合があるので、上手に活用して最新設備をご自宅に取り入れましょう。