給湯器の交換作業時間はどのくらいかかる?工事について教えます

給湯器の交換作業時間はどのくらいかかる?工事について教えます

私たちの生活に欠かせない、お湯――それを提供する給湯器の交換が必要になったら、どのくらいの時間がかかるのでしょうか。それは条件によって大きく変わってきます。お湯がいつ使えるようになるのか、ケースバイケースで見ていきましょう。

在庫がある際はスピーディーに交換が可能

故障したと思ったら、まずどうすればよいでしょうか。最初にすべきことは、給湯器を釣り扱う業者に交換を依頼することです。このとき、各社の製品の割引率や工費、保証期間などはしっかり調べておくとよいでしょう。当社では基本的にメーカー保証期間が1〜2年、オプションで10年の保証期間を設けています。

交換依頼から実際に交換するまでが、復旧までの時間の大半を占めます。
これは、もし取り扱い会社に給湯器や備品の在庫がなかったり、大規模な施工になってしまう場合は、1週間を要することもあるからです。しかし、もし該当する在庫があり、作業がすぐ行える条件が整っていれば(施工条件が易しい、予約がないなど)、半日程度で完了し、すぐにお湯が使えるようになります。ただし、在庫がある給湯器から選ぶことになるので、金額が高くなることもあります。当社では、価格を抑えるために基本的に在庫はしていません。全てメーカーから最新型を安くお届けしております。また工事をご依頼いただいてからは、機種にもよりますが2〜5日以内と比較的スピーディーに工事が可能です。

給温器を電気からガスに変えたい場合などは、大掛かりな工事が必要になり、完了まで数日必要になります

給温器が故障したら専門業者にお願いして交換をしてもらわなければなりません。ところが電気給温器の交換費用は高額であることや、湯切れの懸念や水抜きをしなければならないことから給温器を電気からガスに変えたいと考えている方も少なくありません。

給湯器には電気タイプ、ガスタイプ、灯油タイプのものがあります。同じタイプの給湯器に交換する場合、施工日数はだいたい半日〜1日です。

しかし、給湯器の燃料を電気からガスに変えたいという場合には、配管工事から始めなければならないため工事が大がかりなものになります。施工日数も数日はかかります。その間、浴室そのものが使えなくなることもありますので、工事を申し込む場合はお湯をよく利用する寒い冬の時期よりは夏の方がおすすめです。

壁掛けタイプは床置きタイプよりも、所要時間が短い

ここでは、家庭にある給湯器の2つタイプについて、その交換にかかる時間を比較していきましょう。

2つのタイプとは、壁掛けタイプと床置きタイプです。壁掛けタイプの方が工事の所要時間が短く、床置きタイプの方が時間がかかる傾向にあります。

その理由としては、壁掛けタイプの方がコンパクトに設計されているということがあります。コンパクトですから、配管も繋ぎやすいのです。また、壁掛けタイプに自由の利くフレキ管が採用されていることや、床置きタイプでは交換の際設置位置も大きく変わってしまうことがあるのに対し、壁掛けタイプではそのようなことがほとんどないことも、理由としてあります。

工事期間も違うため、ご自宅の給湯器のタイプをチェックして、それを交換するために必要となる時間を考えましょう。

各種リモコンの交換や試運転、エア抜きなど、家の中での作業一定時間かかる

屋外設置タイプの給温器工事は、ほぼ屋外での作業になります。しかし、業者に任せて家を空けてしまってもよいかというとそうではありません。給湯器の交換には、家の中で行う作業が必要な場合もあり、完全に出かけてしまうということはできません。

屋外での給温器の取り外しの他、家の中で作業するリモコンの交換や配線、試運転、パネルヒーターのエア抜きにも時間がかかります。もし、台所と風呂場など、複数個所にリモコンがついている場合は、それぞれ作業しなければなりません。家の中での作業時間も一定時間かかることを理解しておきましょう。

給湯器の交換作業時間は?交換までと、交換当日の時間まとめ

給湯器の交換をしたいと考えたら、まず時間がかかるのが工事の申し込みをしてから実際の工事に来てもらうまでの日数です。スムーズにいけば当日に工事をしてもらうことができる場合もありますが、長ければ1週間程度かかることもあります。
しかし当社では機種にもよりますが2〜5日以内と比較的スピーディーに工事が可能です。
ぜひ一度お問い合わせください。