堺市で給湯器の交換を検討中の方へ! 世界三大墳墓の一つがある街

堺市で給湯器の交換を検討中の方へ! 世界三大墳墓の一つがある街

堺市は、人口・面積ともに大阪市に次いで2番目に大きな市で、大阪市と同じく国の政令指定都市に指定されています。
茶聖・千利休や『君死にたまふことなかれ』で有名な与謝野晶子の出身地として知られる堺市には、日本の歴史を感じられる名所も数多くあることをご存知ですか?
ライフアドバンスジャパンでは、堺市を始めとする関西地方の一部と東京23区、関東地方の一部で給湯器の取り換え・交換サービスを行っています。
今回は、堺市堺区にある日本一の前方後円墳「大仙古墳」をご紹介いたします。

大王や豪族たちが眠る墓

今からおよそ1700年前の紀元前3世紀中頃から7世紀にかけての約400年間、日本では、権力者が亡くなると巨大な墓を造って埋葬していました。大王や豪族の王が眠るその墓は古墳と呼ばれ、全国に約17万基残っているとされています。
堺市の北部にある「百舌鳥古墳群(もずこふんぐん)」は、日本を代表する古墳群です。
かつては100基以上あったと言われていますが、現存しているのは44基。前方後円墳や円墳、方墳といったさまざまな古墳がその姿を残しており、そのうち17基が国の史跡に指定されています。
また、宮内庁によって3基が天皇陵(歴代天皇や三后の墓)に、2基が陵墓参考地(陵墓の可能性があるもの)、18基が陵墓陪冢(大型の古墳に埋葬された者の親族や臣下、副葬品などを埋めた小型の古墳)に治定されています。

世界三大墳墓の一つ「大仙古墳」

百舌鳥古墳群の中でも最も大きいのが、5世紀中ごろに作られた「大仙古墳」です。
大仙古墳は「仁徳天皇陵古墳」とも呼ばれており、その名が示す通り仁徳天皇の陵だとされています。
約20年という長い時間をかけて築造された大仙古墳は、全長486メートル、高さ35.8メートル、体積140万立方メートルで、日本最大の前方後円墳です。その大きさは、中国の「秦の始皇帝陵」、エジプトの「クフ王のピラミッド」と並ぶ世界三大墳墓の一つに数えられているほど。
古墳の内部を見ることはできないものの、現在でも多くの方が訪れる観光スポットとなっています。

堺市で給湯器の交換を検討中の方へ! 世界三大墳墓の一つがある街

いかがでしたか?
堺市にある世界三大墳墓の一つについてご紹介いたしました。日本最大の古墳、大仙古墳の大きさは、堺市役所の展望ロビーからも眺めることができますよ。
ライフアドバンスジャパンでは、給湯器の取り換え・交換だけではなく、コンロやレンジフードの交換も行っております。
堺市にお住まいで、給湯器の取り換えやコンロ・レンジフード等をご検討中の方は、ぜひライフアドバンスジャパンにご相談ください。