豊中市で給湯器の交換を検討中の方へ! 江戸の生活を伝える博物館

豊中市で給湯器の交換を検討中の方へ! 江戸の生活を伝える博物館

大阪府の中央北側に位置する豊中市は、大阪市のベッドタウンとして栄えるのどかな住宅都市です。
大阪国際空港があることで知られる豊中市には、大阪四大緑地の一つであり、東京ドーム27個分という雄大な敷地を有する緑地、「服部緑地」があります。
ライフアドバンスジャパンでは、豊中市を始めとする関西地方の一部と東京23区、関東地方の一部で給湯器の取り換え・交換サービスを行っています。
今回は、豊中市服部緑地にある、家族連れに人気のお出かけスポットをご紹介いたします。

日本初の野外博物館

服部緑地公園の一角にある「日本民家集落博物館」は、昭和31年に日本で初めての野外博物館として開館しました。
梅や桜など、日本の四季を彩る数々の樹木に囲まれた広い敷地に、北は岩手県「南部の曲家」から南は鹿児島県「奄美大島の高倉」まで、日本各地の代表的な民家が11棟展示されています。
日本民家集落博物館に展示されている民家は、どれも17~19世紀(江戸時代)に建築されたもの。実際に、昭和30年代まで人々の生活を支えてきた家々です。
それぞれの民家では関連民具なども併せて展示されており、風土や習慣に由来するその地方ならではの生活を知ることができます。

日本民家集落博物館に展示されている民家

民家集落博物館で見ることができる、日本の古き良き生活を現代に伝える建築物は以下の通りです。

・岩手県  南部の曲家
・長野県  信濃秋山の民家
・岐阜県  飛騨白川の民家
・福井県  越前敦賀の民家
・奈良県  大和十津川の民家
・大阪府  攝津能勢の民家
・大阪府  河内布施の長屋門
・大阪府  北河内の茶室
・大阪府  堂島の米蔵
・香川県  小豆島の農村歌舞伎舞台
・宮崎県  日向椎葉の民家
・鹿児島県 奄美大島の高倉

中でも、信濃秋山の民家(旧山田家住宅)や摂津能勢の民家(旧泉家住宅)、日向椎葉の民家(旧椎葉家住宅)の3つは、国の重要文化財にも指定されています。

豊中市で給湯器の交換を検討中の方へ! 江戸の生活を伝える博物館

いかがでしたか? 江戸時代の日本にタイムスリップしたかのような感覚を味わえる「日本民家集落博物館」。
毎週月曜(祝日・振替休日の場合は翌日)の休館日と12月27日~1月4日の年末年始を除き、大人500円、高校生300円、小中学生200円の入館料で楽しむことができます。
今度の休みは家族で民家集落博物館を訪れ、江戸時代の生活に思いを馳せてみるのはいかがですか?
ライフアドバンスジャパンでは、給湯器の取り換え・交換だけではなく、コンロやレンジフードの交換も行っております。
豊中市にお住まいで、給湯器の取り換えやコンロ・レンジフード等をご検討中の方は、ぜひライフアドバンスジャパンにご相談ください。