守口市で給湯器の交換を検討中の方へ! 探偵・怪奇幻想小説の祖

守口市で給湯器の交換を検討中の方へ! 探偵・怪奇幻想小説の祖

大阪府北河内地域、淀川の左岸に位置する守口市は、隣接する門真市を囲うような形をしています。市の南西部は大阪市に接しており、ベッドタウンとして発展してきました。
ライフアドバンスジャパンでは、守口市を始めとする関西地方の一部と東京23区、関東地方の一部で給湯器の取り換え・交換サービスを行っています。
今回は、守口市にゆかりのある小説家・江戸川乱歩についてご紹介します。

日本における探偵小説の祖

江戸川乱歩は、1894(明治27)年に三重県で誕生した日本の小説家。日本を代表する名探偵・明智小五郎の生みの親で、日本における探偵小説の祖として知られています。
本名を平井太郎といい、ペンネームの“江戸川乱歩”は推理小説の祖として知られるアメリカの作家“エドガー・アラン・ポー”に由来してつけられました。
22歳で早稲田大学を卒業したのち、古本屋や支那そば屋、新聞記者や会社員といったさまざまな職業を経て、1923(大正12)年『二銭銅貨』で作家デビュー。『新青年』編集長・森下雨村や、医学者でもある推理作家・小酒井不木などに高く評価され、一躍人気の探偵作家となりました。
その後も、『D坂の殺人事件』や『陰獣』『怪人二十面相』といった、数々の名作推理小説を残しています。
また、『人間椅子』や『芋虫』などの怪奇幻想小説も数多く残しており、“乱歩の前に乱歩無く、乱歩の後に乱歩無し”と称されるほど、後世の探偵小説・幻想小説界に大きな影響を与えました。

生涯で46回の引越しを繰り返した?

親の仕事の都合で小さなころから引越しの多かった乱歩は、大人になってからも引越しを繰り返し、生涯で46回も住処を移した引越し魔として知られています。
1920(大正9)年からの数年間を守口市で過ごしたとされており、なんと守口市内だけでも数回引越しを繰り返しました。
乱歩が守口市で過ごした場所は「守口六八九番地の三」と「守口町八○一番地の一」(当時の住所)。デビュー作である『二銭銅貨』や、明智小五郎の初登場作『D坂の殺人事件』は、守口市で執筆されたのです。
しかし、残念ながら現在乱歩が過ごした家は残っておらず、別の建物が建てられています。

守口市で給湯器の交換を検討中の方へ! 探偵・怪奇幻想小説の祖

いかがでしたか? 日本を代表する小説家・江戸川乱歩と守口市の意外な関係をご紹介しました。 乱歩の命日である7月28日の「石榴忌」には、守口市で執筆された作品を読み、乱歩が過ごした当時の町を想像してみてはいかがですか。 ライフアドバンスジャパンでは、給湯器の取り換え・交換だけではなく、浴室やキッチンのリフォームも行っております。 守口市にお住まいで、給湯器の取り換えや浴室リフォーム等をご検討中の方は、ぜひライフアドバンスジャパンにご相談ください。