北区で給湯器の交換を検討中の方へ! 田端に集った文士・芸術家

北区で給湯器の交換を検討中の方へ! 田端に集った文士・芸術家

東京都23区の北部に位置する北区は、荒川を挟んで埼玉県川口市・戸田市と接する都県境の区。王子地区、赤羽地区、滝野川地区の3つの地域からなるこの区は、交通の便が良いことで知られています。
JRの駅は23区内で最も多い11駅、地下鉄と都電を合わせると20もの駅が存在し、区内のほとんどが駅から徒歩10分圏内にあるという暮らしやすい街です。
ライフアドバンスジャパンでは、北区を始めとする東京23区と、関東地方・関西地方の一部で給湯器の取り換え・交換を行っています。
今回は、かつて芸術家たちが集った北区田端の文士村についてご紹介します。

芥川龍之介が住んだ町

滝野川地区東部に位置する田端は、明治時代から昭和時代にかけて多くの芸術家、作家が暮らした土地として知られています。
田端で暮らした作家の中でも特に有名なのが、『羅生門』『河童』などを残した芥川龍之介です。芥川龍之介は大正2年に田端に移り、自殺する昭和2年までの14年間をこの土地で過ごしました。
その他にも、美術工芸家として初めて文化勲章を受章した鋳金作家・香取秀真や、日本近代詩の父と称される詩人・萩原朔太郎など、多くの文士や芸術家が田端の地に集い、芸術家村、文士村を形成していたのです。
空襲によって焼け落ちてしまったため町にかつての面影はありませんが、「田端文士村記念館」では、田端に暮らした文士・芸術家たちの作品や資料を見ることができますよ。

北区の東京ガスサービスセンター

北区にお住まいで給湯器の不調にお悩みの方は、お近くのガスサービス会社に連絡し、点検・修理を行ってもらうことをお勧めします。

北区で給湯器の交換を検討中の方へ! 田端に集った文士・芸術家

北区で給湯器の交換を検討中の方へ! 田端に集った文士・芸術家

・東京ガスライフバル北 王子店 03-3912-1850
・東京ガスライフバル北 赤羽店 同上

芸術家村、文士村として栄えた時代があった北区田端。田端文士村記念館では、田端にゆかりのある文士や芸術家に関する講演会なども催されています。興味のある方は、一度参加してみてはいかがですか?
ライフアドバンスジャパンでは、給湯器の取り換え・交換だけではなく、浴室やキッチンのリフォームも行っております。
北区にお住まいで、給湯器の取り換えや浴室リフォーム等をご検討中の方は、ぜひライフアドバンスジャパンにご相談ください。