気づいたら真っ黒に! トイレの黒ずみの原因と掃除のポイント

気づいたら真っ黒に! トイレの黒ずみの原因と掃除のポイント

定期的に掃除をしているのに、しばらく経つとでてきてしまうのが便器の「黒ずみ」。
少しの間放っておくと落ちにくくなってしまい、とても厄介ですよね。
トイレは1日の中でも使用頻度が高く、汚れやすい場所ではありますが清潔にしておきたい場所の1つでもあります。
いつも快適にトイレを使うためにも、便器の黒ずみの原因や効率的なトイレ掃除のポイントをチェックしていきましょう。

トイレの黒ずみはなぜできてしまうのか?

便器の中の水が溜まる部分、水溜りの上部に線のようにできている黒ずみは、ホコリやカビなどの微生物が原因として挙げられます。さらに、水垢の汚れと混ざると落ちにくさが増します。
また、水道水に鉄分が多く含まれていると、水垢の汚れに鉄分が混ざり、酸化することで黒ずんで見えることがあります。

トイレの黒ずみを取るための掃除方法とポイント

気づいたら真っ黒に! トイレの黒ずみの原因と掃除のポイント

トイレにできてしまった黒ずみは、洗剤を浸透させることで簡単に落とすことができます。
掃除に必要な、酸性洗剤、トイレ用ブラシ、ゴム手袋を用意しましょう。

<掃除方法>
1. 水を抜く
まずは、洗剤が水で薄まらないように便器に溜まっている水を抜きます。
水の抜き方は、各トイレの説明書を読みながら注意して行いましょう。

2. トイレットペーパーを黒ずみ部分に貼り付ける
黒ずみの気になる部分にトイレットペーパー貼り付けます。その上から洗剤をまんべんなくかけます。この状態で、30分〜1時間ほど放置しましょう。
こうすることで、洗剤が効率よく黒ずみに作用してくれるのです。

3. ブラシでこする
放置した後は、トイレットペーパーを流すため一度水を流してからブラシでこすります。
流してから行わないと、トイレットペーパーがボロボロになってしまいブラシの隙間に入り込んでしまいます。

黒ずみを防ぐためには?

掃除にかかる手間を軽くするためにも、あらかじめ黒ずみを予防しましょう。
便器の黒ずみ対策についてご紹介します。

・タンクに重曹を入れる
盲点になりやすい場所がタンクです。トイレの水を溜めているタンクの中に、カビや雑菌が繁殖してしまうとトイレの水を流したとき、便器の中を汚れやすくしてしまっている可能性があります。
これを防ぐために、タンクの中に重曹大さじ1杯を入れておきましょう。
タンク内のカビや雑菌の繁殖を防ぐだけでなく、水を流すたびに重曹入りの水が便器をきれいにしてくれるのです。
トイレの使用頻度にもよりますが2、3日に一度重曹を入れるようにしましょう。

重曹は、クレンザー代わりにトイレの便器を磨くことができるほか、脱臭や湿気とりの効果もあります。環境や人体に害もないため、安心して使うことができます。

掃除の手順にひと手間加えることで、黒ずみを落とすことができます。いろんな洗剤を使ったりする必要がないので、簡単に行うことができます。黒ずみを予防することで、掃除の手間も軽くなって一石二鳥ですね。
黒ずみが気になった際は、紹介した対策方法を参考にしてみてください。