【放置厳禁】ウォシュレットの掃除方法を徹底解剖

【放置厳禁】ウォシュレットの掃除方法を徹底解剖

一般的に「トイレ掃除」というと、便器の汚れを拭き取ったりトイレの室内を綺麗にしたりなどの作業をイメージしがちですが、その際に忘れがちなのが「ウォシュレット器具の掃除」です。
ウォシュレットは、黒ずみが起きやすい場所なためぜひともこまめに掃除しておきたい部分のひとつといえます。
今回はウォシュレット掃除の原因や汚れを取り除くことの重要性や、おすすめの掃除方法を紹介していきます。

ウォシュレットの汚れの原因は?

ウォシュレットの掃除を怠っていると、ノズルが黒くなっていく現象が起こります。この黒い汚れの原因はカビです。

カビは湿った場所を好むため、定期的なメンテナンスをおこなわないと空気中に浮遊しているカビがノズルに集まるようになり、次第に繁殖してしまいます。
カビの繁殖力は強く、カビが好む条件が整っていると、すぐに黒ずんでしまう恐れもあります。
トイレ掃除の際は、ウォシュレット部分にもしっかりと目を向けて、キレイにしていくように心がけましょう。

ウォシュレットの定期的な掃除方法

まずはウォシュレットのノズルを引き出して、中性洗剤をつけた布で拭き取っていきます。
トイレの種類によっては「ノズルお掃除用スイッチ」のような項目がリモコンの中のボタンにあるので、それを押してから拭き取っていってください。ある程度汚れを取ることができたら、サッと水拭きをおこなって終了です。

この時ノズルの取り扱いには細心の注意を払っておく必要があります。強度があまりないノズルも少なくないので、無理やり汚れを取ろうと強く拭いてしまうと故障に繋がる恐れがあります。
できるだけ優しく拭き取るように心がけましょう。

年に一度はおこないたい本格的な掃除方法

【放置厳禁】ウォシュレットの掃除方法を徹底解剖

定期的にウォシュレットの掃除をおこなえば汚れが深刻になることはありませんが、年に一度は便座や蓋を取り外して掃除をするようにしましょう。そうすることで、トイレの美しさが持続するようになります。

ウォシュレットの種類によっては、着脱や取り外しがボタン1つでできるものも多く、そういった機能を活用して中性洗剤にて拭き掃除をおこないます。その際は、コンセントから電源プラグを抜いてから掃除をするようにしてください。

普段トイレ掃除をおこなう時は、なかなかウォシュレット器具にまで意識が回らないこともありますが、汚れがたまりやすくカビが繁殖する恐れは高いといえます。
「すっかりウォシュレットの掃除をし忘れていた……」と思った方は、後半に紹介した着脱部分もしっかり拭き取って、綺麗なトイレを維持してはいかがでしょうか。