トイレの水の流れが悪くなるのはなぜ? その原因と対策方法をチェック

トイレの水の流れが悪くなるのはなぜ? その原因と対策方法をチェック

トイレの水が少ししか流れなくなってしまうというトラブルは意外と起こりやすいものです。
トイレの水が流れにくくなったときには、一体どのような原因が考えられるのでしょうか? 対処方法とあわせてチェックしておきましょう。

トイレの水の流れが悪くなる原因は?

トイレの水が流れにくい場合、トイレのタンクの中でトラブルが起こっている可能性があります。まずは原因解明のためにトイレタンクのフタを開けてみましょう。
トイレは水を流すとトイレタンクの中の浮き玉が下がり、給水されると浮き玉が上がる仕組みになっています。しかし、浮き玉が劣化すると上下運動がスムーズに行かなくなり、水の流れも悪くなってしまうのです。
また、タンクの中にあるフロートバルブ(ゴムフロート)と呼ばれるゴム状の栓の劣化によって水の流れが悪くなるケースもあります。

トイレの部品を交換して対処しよう

トイレタンク内の浮き玉やその周囲の部品、フロートバルブが劣化している場合は、部品を交換すれば水の流れを改善できます。古くなってしまった部品をネジで取り外し、ホームセンターなどで購入した新しい部品を付け替えましょう。
部品の付け方を間違えると、水流が改善しなかったり水漏れなどトラブルの原因になってしまったりすることもあるので、必ず適切に取り付けましょう。

トイレ詰まりで水の流れが悪くなる!

トイレットペーパーが詰まってしまったり、固形物が詰まってしまったりしていることが原因で水の流れが悪くなるというケースは意外と多いもの。排水管で詰まりが起きているためにトイレの水が流れにくくなってしまうのです。
水に溶けないウエットシートやペットシートのほか、消臭剤などの部品や猫砂をトイレにうっかり流してしまったために詰まりが起きてしまうこともあります。

詰まりを解消すれば水流も改善する

排水管に汚物や紙類が詰まっていることが分かっているのなら、お風呂の温度ぐらいのお湯を数回に分けて便器に注いでみましょう。詰まりの成分をうまく溶かして流すことで、詰まりを解消することができます。
また、固形物が詰まってしまった場合にはラバーカップを使って詰まりを取り除くのが手っ取り早いでしょう。詰まりがなかなか解消しないのなら、ラバーカップよりも強い吸引力を持つ真空ポンプを使ってみるという手もあります。真空式のポンプはホームセンターなどで購入できます。

トイレの水の流れが悪くなるのはなぜ? その原因と対策方法をチェック

トイレの水が流れにくくなった場合は、詰まりやタンク内の部品の劣化を疑うと良いでしょう。
トイレタンクの部品交換やトイレの詰まり解消は、セルフではなかなか難しいもの。自分で調整する自信がないときには専門の業者に依頼するのが安心です。