タンクレストイレのメリットとは

タンクレストイレのメリットとは

トイレリフォームといえば、タンクレストイレを思い浮かべる方がいらっしゃるでしょう。最近、タンクレストイレのご家庭も増えてきました。これからトイレリフォームをご検討される方のために、タンクレストイレについてご紹介します。

タンクの分の面積がない無駄の無い設計で、トイレ室内が広くなり、空間にかなりのゆとりを生みます

タンクレストイレは水道に直接管をつなげることにより、トイレ室内でタンクに水を溜める必要が無いトイレです。タンクがない分当然ながらトイレ室内の空間が広くなります。
タンクのついているトイレは一般的に奥行きが70cm程度ありますが、タンクレストイレは60cm程度なので、10cmほど小さくなるということになります。10cmと言うとそんなに変わらないように感じるかもしれませんが、トイレでの10cmは空間にかなりの余裕を生みます。
高さもタンクがあると1m程度になりますので、上の50cm近くがなくなることになり、圧迫感がない分かなりすっきりと広く感じるでしょう。
また、狭いトイレでの掃除は非常に大変ですが、タンクがなくなることで左右の隙間にも余裕ができる上に奥行きが小さくなっているので奥まで掃除がしやすくなり、空間に余裕ができる分、手洗い器を別に設置したり掃除道具やトイレットペーパーをしまっておける収納棚を作ったりと、理想の空間を実現できる可能性が広がります。

凹凸のないシンプルなフォルムのデザインが多く、ホコリや汚れが溜まりにくいので、掃除が楽です

トイレは細かい部分を掃除するのがめんどうと感じる方も多いことでしょう。
しかし、タンクレスのトイレは全体的にフラットなデザインです。これまで掃除しにくかった部分もお手入れしやすくなるように配慮されています。具体的に従来型のトイレとタンクレストイレではお手入れがどう変わってくるのでしょうか。
タンクつきのトイレは、便器のフチの巻き込み部分に汚れがたまりやすく、ここを落とすのに掃除に時間がかかってしまいます。タンクレスのトイレならフチがないため、掃除で余計な労力を使うこともありません。
ただ、タンクレストイレにも、気を付けなくてはならないこともあります。それはお手入れ中無意識にキズをつけてしまうことです。強くこすり過ぎてしまうと摩擦でダメージを与えてしまいます。特に乾いた布を使う時は気をつけましょう。

タンクレストイレは上位機種という位置づけのため、フタが自動で開閉するなどさまざまな機能がついています

タンクレストイレには、どのような特徴とメリットがあるのでしょうか。タンクレストイレへの切り替えリフォームに当たって気をつける点は何でしょうか。リフォーム前にまずはメリットや注意点を整理しておきましょう。

タンクレストイレのメリットは、トイレ室内が広くなること。便器がコンパクトなので、高さは30cm前後、奥行は10cm前後ほど空間が広がります。また、平面部分の多いタンクレストイレは、ホコリや汚れが溜まりにくく、拭き掃除が、圧倒的に楽になります。便器自体もかなり小さいため、掃除すべきところの表面積も小さくなります。

しかし、設置には水圧の条件を満たす必要があります。タンクレストイレは水道直結式であり、必要最低水圧を満たさないときれいに流せません。一般的にマンションの高層階などでは水圧不足のため、利用できことがありますので確認しましょう。

水を効率よく流す工夫がされているので、一般的なタンク式トイレよりも節水効果があるようです

タンクレストイレは、水道に直結するのでタンクに水が貯まるのを待つ必要がなく連続で流せます。家族が多い家庭の朝の忙しい時間帯は便利に感じるでしょう。

そして気になるお値段ですが普及タイプのタンクレスですと一般的なトイレより、数万円ほど高くなります。この数万円をどう見るかですが、最近の大手メーカーの商品はどのタイプも節水機能が進化しており(中には70%以上の節水効果を謳うものもあります)、中長期で考えれば水道代を節約できます。

断水した場合は、タンクつきトイレと同様、タンクレストイレもバケツで水を流します

停電や、渇水対策などによる断水時間中は水を使用できなくなり、どのメーカー問わず、通常の便器洗浄ができなくなります。しかし、タンクレストイレは水を貯めるタンクがないからといって、断水時に使えないというわけではありません。では、もしもの際にタンクレストイレはどうやって水を流せばよいのでしょうか。
断水した場合は、タンクつきトイレと同じく、タンクレストイレもバケツで水を流します。流し方は、バケツに水を用意し、汚物が排水口に集まるように少しずつ水を注いで、汚物を排水口に集めます。その後、残っている水を排水口に一気に注ぐようにすると、排水されます。
トイレのメーカーによって断水時の流し方が異なるので(電源プラグをコンセントから抜く等)、いざというときに慌てないためにも、前もって説明書をご確認ください。

タンクレストイレはメリットや注意点を把握してから選ぼう

タンクレストイレは、見た目のスッキリさだけで人気が出ているわけではありません。実際にトイレのスペースに余裕が出ることやおそうじの手軽さ、長期的に見た場合の節水効果など、さまざまなメリットがあることをご紹介してきました。一方で、従来型のトイレとの違いによる使い方の注意点もありました。タンクレストイレを選ぶ際には、メリットだけでなく、注意点まで把握してから選びましょう。