トイレのリフォームの平均費用を今のうちにシミュレーション!

トイレのリフォームの平均費用を今のうちにシミュレーション!

普段はあまり意識しませんが、住宅の改修などの際に検討することになるトイレまわりのリフォーム。リフォーム工事のパターンによって平均費用が異なってきますので、あらかじめ綿密なリサーチが肝心となります。トイレリフォームの平均費用と具体的なリフォーム例について詳しくお伝えしていきます。業者選びのポイントについてもぜひとも参考になさってください。

費用は工事のパターンで変わる!

トイレリフォームとひと口にいっても、結局は「どの程度のグレードの工事をするか」ということによっておおよその価格帯が変わってきます。それほど大がかりなリフォームではなく、たとえば便座だけを交換する、トイレの壁紙を張り替える、といった種類の工事であれば10万円以内ですべてをまかなえる場合がほとんどです。一方、和式便器を洋式に取り換えたり、新たにウォシュレットを取り付けたり、と言った種類の工事では平均費用が多少引き上げられ、場合によっては総額で50万円以上のコストになるケースもあります。

一般的な割合で言うと?

とあるアンケート調査によると、トイレリフォームの平均費用としては21万円~50万円の範囲が50%以上を占めており、20万円未満と合わせて考えるとおよそ7割のケースでトイレリフォームの平均費用は50万円以内におさまることがわかっています。それ以上のコストが必要になるリフォームとしては、たとえばトイレそのものの大がかりなバリアフリー工事などがあり、高齢化が進む日本ではそうしたトイレリフォームのニーズも高まっていくだろうと見られています。

気になるトイレトラブル

トイレそのものが老朽化することによってリフォームのニーズが生じることも充分に考えられます。一般家庭でよく見られるトイレまわりのトラブルとしては、排水管の劣化にともなう異臭や水のつまりなどがこちらに関しても専門業者に連絡することによってトラブルを早期に解決することができます。

目安となる金額を把握しておこう

トイレのリフォームは軽微な工事であれば10万円未満で依頼することができます。一方、排水管などが極度に老朽化した状態でのリフォームとなると50万円以上のコストが必要になる可能性がありますので、普段から水まわりのメンテナンスに気を遣いつつ、気になる異常があれば早期の段階で専門業者に連絡し、対応してもらうようにしましょう。また、一戸建てなどでは長期的に見るとバリアフリー工事が必要になる場合がありますので、そのあたりについても専門業者に相談してみましょう。

一覧へもどる