マンションでも増えているトイレリフォームの費用相場は?

マンションでも増えているトイレリフォームの費用相場は?

一戸建ての場合と違い、マンションや集合住宅でのトイレリフォームではおおよその費用相場が異なりますので、あらかじめ入念なリサーチが必要になります。ここではマンションのトイレリフォームにスポットをあてつつ、おおよその費用相場と依頼時の注意点について詳しくお伝えしていきます。今後の需要予測についても具体的に見ていきますので、ぜひとも参考になさってください。

マンションのトイレリフォームの費用相場は?

工事の種類によっても基本相場が異なる

一戸建てや賃貸アパートの場合と同様、トイレリフォームの基本的な費用相場は工事の種類や範囲によっても変わってきます。たとえば、シンプルに便座の交換のみで終わるような工事の場合は20万円以内のコストでおさめることが可能ですが、追加でウォシュレットや床暖房などのオプション装備を上乗せするとなればトータルコストが30万円から40万円、場合によっては50万円以上の費用が必要になる場合があります。また、同じウォシュレットでも温水機能やリモコンを付属させるかどうかによってもトータルコストが変わってきますので、まずは工事を依頼する前にあらかじめシミュレーションしておきましょう。

工事を依頼する注意点は?

マンションにかぎらず、トイレリフォームを依頼する際にはまず、優良業者をピックアップすることが重要になります。信頼の置ける業者に工事を依頼したほうが良いのは言うまでもありませんが、ネットのクチコミを最初から鵜呑みにするのは少々危険です。ネット上のクチコミは確かに業者選びにあたって有益な情報源となりますが、クチコミには往々にして主観が含まれており、あなた自身のニーズに必ずしも合うとはかぎりません。

マンションで今後増えてくるリフォームニーズは?

マンションであっても老朽化を免れず、今後高齢化が進むなかで新たなリフォームニーズが高まってくるだろうと見られています。より具体的には、高齢者世帯のためのトイレのバリアフリー工事や拡張リフォームなどが挙げられており、都市部のマンションでもお年寄りにとって暮らしやすいリフォームが実現していくだろうと予測されています。

まとめ

マンションのトイレリフォームの場合、シンプルな工事であれば20万円未満、大がかりな工事となると50万円以上のコストが必要になる可能性があります。費用相場は工事の規模や種類によっても異なりますので、ウェブサイトなどで実際のリフォーム例をあらかじめリサーチし、おおよそのトータルコストをシミュレーションしておくことで現場でのトラブルをふせぐことができます。

一覧へもどる