照明の色次第で洗面台がもっと使いやすくなる!

照明の色次第で洗面台がもっと使いやすくなる!

自宅でしっかりメイクをしていたはずなのに、外出先の鏡ではあまり映えていない……。
こういったことが頻繁に起こっている場合は、単純にメイクが不得意というわけではなく、「メイクをしている環境」に原因が潜んでいる可能性があります。その中でもご自宅の洗面台に取り付けている「照明の色」は注意しておくべきポイントでしょう。

実はメイクをしている際の「洗面台」があなたのメイクの出来を左右させている可能性があるのです。それではメイクを綺麗に仕上げるためにはどのような工夫をしていくべきなのでしょうか。

「洗面台の照明の色」はどう選ぶ?

美しくメイクをしたい時は、肌の状態も大切ですが、それを映し出す鏡や照明の状態もポイントです。中でもポイントとなるのは「照明の色」でしょう。 自宅の照明の色を選ぶ際は、「外出先」に合わせて決めていくと分かりやすいでしょう。

・日中なら昼白色

照明の色には「昼白色」というものがあります。これはいわゆる“白い光”で、オフィス内などの照明がこちらになります。したがって、午前中や日中の仕事がメインの方はこちらの色の照明を洗面台に取り入れることで、外出時と同じような状態を作ることが可能です。

・夜間なら電球色

昼白色は白系の光ですが、オレンジ色の光を放つ照明をご存知の方も多いでしょう。こちらの照明は血色がよく映る特性を持っているため、こちらの特性に合わせたメイクが求められます。 こちらの照明は主にレストランやホテルの宿泊など、夜間の外出などで使われることが多いため、その状況に合わせたメイクをする機会が多い方はこの電球色の照明を取り入れてみましょう。

女優ミラーを再現するのも効果的

お部屋のリフォームを検討されているのであれば思い切って洗面台を改良してみるのもひとつの手です。いわゆる「女優ミラー」と呼ばれる天井、左右の壁面、下からの照明などを活用してさまざまな方向から顔を照らし出す設計にすることで、毎日のメイクで失敗が少なくなります。
照明の色にこだわることも大切ですが、思い切って鏡全体を変えてみることで、日々のメイクをより美しくすることに繋がるでしょう。

照明の色次第で洗面台がもっと使いやすくなる!

洗面台に使いたい照明の色は外出先に応じて異なりますが、だからといって洗面台の照明を都度変えていくのは難しいと思います。そのため、職場など頻繁に訪れる場所に合わせて照明を選ぶと良いでしょう。

メイクに関するテクニックや知識を学ぶ女性は少なくありませんが、その環境まで配慮できているという方はほんの一握り。洗面台の照明にも気を配れれば、メイクのクオリティもワンランクアップするはずです。