要チェック!ガスコンロの炎が赤いときに注意したい原因と対処法

要チェック! ガスコンロの炎が赤いときに注意したい原因と対処法

皆さんは、ガスコンロを使用する際に炎の様子をしっかりとチェックしていますか?
鍋やフライパンの下に隠れている炎は、横から覗き込むようにしてみなければその状態をしっかりと確認することはできません。
「つまみで火加減を調整するだけで、直接炎の状態までは見ていない」という方は注意が必要です。
今回は、ガスコンロを使用しているときに注意したい炎の状態について詳しくご紹介します。

炎が「赤い」ときは要注意!

ガスコンロは、点火スイッチを押すことで火花が飛び、その火がガスに引火することで火をおこします。通常、ガスを正常に燃焼している際の炎は「青色」の状態です。
点火時、または調理中に一時的に赤くなることがあっても、すぐに青色に戻ればそれほど心配することはありません。
しかし、ガスコンロを使用するたびに使うたびに赤やオレンジの炎が上がるといった場合には注意が必要です。
ガスコンロから赤い炎が出る主な原因を、それぞれの対処方法とあわせて確認しておきましょう。

1.不完全燃焼を起こしている
ガスコンロから赤い炎が上がっている際、まず疑いたいのがこの原因です。
調理中、部屋の換気はしっかりと行っていましたか? 不完全燃焼とは、炎を燃やすための酸素が不足している状態のこと。この状態で調理を続けてしまうと、室内に一酸化炭素が充満し、一酸化炭素中毒に陥ってしまう可能性があるため非常に危険です。
一酸化炭素を放置していると、最悪の場合死に至る恐れも。一度ガスコンロの火を止め、窓を開けるなどして室内の空気を十分に換気してください。

2.バーナーキャップが汚れている
室内の換気を行っても炎の色が青に戻らないという場合、ガスコンロのバーナーキャップに問題がある可能性があります。一度火を止めて時間を空け、ガスの元栓を閉めてからバーナーキャップの状態を確認してみてください。
バーナーキャップに野菜カスや煮こぼれなどの燃焼物が詰まっていると、内部の酸素が不足して不完全燃焼を起こしてしまいます。
バーナーキャップの詰まりを防ぐためには、月に1回程度、古い歯ブラシなどを使って軽く掃除を行っておくことが大切です。
また、バーナーキャップの詰まりを解消しても炎の色が変わらない場合には、バーナーキャップ自体が腐食してしまっている可能性も。腐食による割れや穴あきが見られる場合は、新しいバーナーキャップに交換するようにしましょう。

3.加湿器による炎色反応
室内で加湿器を使用しながらガスコンロを使用すると、炎の色が赤くなることがあります。
これは、水道水に含まれるアルカリ性の金属が加湿器によって室内の空気中に広がり、炎と反応するため。
加湿器の使用をやめることで炎の色が青に戻る場合は、不完全燃焼と違って体への影響を心配する必要はありません。

要チェック! ガスコンロの炎が赤いときに注意したい原因と対処法

普段何気なく使用しているガスコンロですが、ガスと炎を用いているため、一歩間違えれば大きな事故の原因にもなりかねないということをしっかりと理解しておかなくてはなりません。
上記の3つの原因すべてに対策しても炎の色が青にならない場合は、ガスコンロ自体の問題が考えられます。一度ガス会社に連絡を入れ、点検・修理を行ってもらうことをお勧めします。