ガスオーブンの頑固な焦げ付き汚れは「重層」で落とす!

ガスオーブンの頑固な焦げ付き汚れは「重層」で落とす!

日々の料理やお菓子作りで活躍してくれるオーブン。強い火力で一気に食材を焼き上げてくれるため、重宝しているという方も多いのではないでしょうか。
しかし、少し掃除を怠ると、庫内やガラス窓に油汚れや焦げ付きが残ってしまいます。
丸洗いすることができないため、ガスオーブンにこびりついた汚れを落とすのは骨が折れるもの。そんなオーブンの頑固な汚れには、「重層」を使うのが効果的です。
今回は、オーブンの汚れを簡単に落とす、重層を使ったお掃除の方法をご紹介いたします。

重層ペーストパックで頑固な汚れもすっきり!

オーブン内部が汚れてくると、料理やお菓子作りに使うのに気が引けてしまいますよね。
窓ガラス部分が焦げ付き汚れで覆われてしまうと、焼き上がりの状態を確認するのも難しくなります。
そんな時は、ペースト状にした重層を使ってお掃除をしてみましょう。
まずは重層に少しずつ水を加えながら混ぜ合わせ、重層ペーストを作ります。
出来上がった重層ペーストを焦げ付きが気になる部分にたっぷりと塗ったら、その上からラップをかけて数時間から一晩程度置いておきます。この間に、アルカリ性の重層ペーストが、酸性の焦げ付きや油汚れを中和して落としやすくしてくれるのです。
重層ペーストが完全に乾いたら、ヘラを使って優しくこすり落としてみてください。
金属製のヘラはガラス窓に傷をつけてしまう可能性があるため、プラスチック製のヘラを使うのがおすすめです。ヘラがない場合、お財布に入っている使わなくなったプラスチック製のカードを使うのも良いでしょう。
頑固な焦げ付き汚れも、乾いた重層ペーストと一緒にぽろぽろと取り除くことができますよ。

ガスオーブンをキレイに保つためには?

一度重層ペーストで庫内をキレイにしたら、できるだけ長くその状態をキープしておきたいもの。ガスオーブン掃除のポイントは、できるだけ温かい状態で行うことです。
ガスオーブン使用後、少し時間をおいて庫内の温度が下がってきたら、熱めのお湯に浸して絞った布で全体をさっと拭き取る習慣を付けましょう。
この時、落ちづらい汚れがあった場合は、軽く重層を擦りつけてみるのもおすすめです。
水に溶けづらい重層が研磨剤代わりの役割を果たし、焦げ付きを落としてくれますよ。
ただし、ガスオーブンが熱いまま掃除を行うと、急激な温度変化によってガラスにひびが入って割れてしまう恐れがあるため非常に危険です。火傷や事故につながらないよう、必ず「生温かい」と感じる程度に冷ましてから、水ではなくお湯に浸した布を使って掃除を行うようにしてください。

ガスオーブンの頑固な焦げ付き汚れは「重層」で落とす!

重層は、ガスオーブンだけではなく、家中のお掃除の様々な場面で活躍してくれる優秀なアイテムです。
また、口に入っても体に悪影響を及ぼさないため、クレンザーなどに比べて安心して調理器具の掃除に使うことができるのも嬉しいポイント。
100円均一などでも手に入れることができるため、家に重層がないという方は常備しておくと便利ですよ。