【キッチンリフォーム】キッチンの壁の種類や特徴を徹底解説

【キッチンリフォーム】キッチンの壁の種類や特徴を徹底解説

キッチンの壁は汚れやすい場所であり、掃除を行う際にも負担がかかります。
そのため、「キッチンの壁を、汚れにくいものにリフォームしたい」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで本記事では、キッチンのリフォームにおいて、選ばれることが多い壁の素材の種類とあわせて、その特徴を詳しく解説します。
キッチンの利便性を高めたいとお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

キッチンの壁材の種類

一般的にキッチンの壁材は、汚れのつきにくさや掃除のしやすさ、そして耐水性や耐火性などに優れた素材が使われています。
これらの条件を満たすキッチンの壁材には「キッチンパネル」と「キッチンタイル」という2つの種類が存在します。

そのため、どのような壁材を選べばよいのかがわからないという場合は、上記のどちらかを選びましょう。

内装制限とは

キッチンは、建物のなかで火が発生する場所に設けられる「内装制限」という規定にあてはまる場所であるため、壁に使用できる素材の種類が限定されています。

なお、内装制限によって耐火性があると定められている素材は、以下のとおりです。

内装制限によって耐火性があると定められている素材

  • ガラス
  • レンガ
  • 金属板
  • コンクリート
  • 陶磁器タイル

キッチンの壁や天井に使う素材は、上記のなかから選ぶ必要があります。

キッチンタイルとは

「キッチンタイル」とは、陶磁器タイルでつくられているキッチンの壁材のことです。
水や熱に強く、変質しにくい性質があることから、キッチンの壁材だけでなく、浴室の壁材として活用されることもあります。

キッチンタイルを壁材に使うメリットとデメリットは以下のとおりです。

キッチンタイルを壁材に使うメリット

キッチンタイルは、水や熱に強いことにくわえ、デザイン性に優れています。
色や模様の種類が豊富であるため、タイルを組み合わせて壁を自由にデザインできるという点が大きなメリットであるといえます。

そのため、キッチンの機能性だけではなく、インテリア性やデザイン性を重視したいという場合には、特に向いているといえるでしょう。

キッチンタイルを壁材に使うデメリット

一方で、キッチンタイルにはデメリットも存在します。

キッチンタイルは、職人が1枚ずつ手作業で貼りつけます。
そのため、キッチンの面積が広い、あるいはデザインが複雑である場合などは、工期が長期にわたることや、工賃が高くなることも考えられるでしょう。

また、キッチンタイルを長期間使用すると、タイルの目地にひび割れが起きたり、傷ついて破損したりすることも起こりえます。

キッチンパネルとは

「キッチンパネル」とは、表面に特殊な加工が施されているキッチンの壁材のことです。
水や熱に強いうえに、表面が滑らかであるため、掃除の負担が減るという点が特徴であるといえるでしょう。

キッチンパネルを壁材に使うメリットとデメリットは以下のとおりです。

キッチンパネルを壁材に使うメリット

キッチンパネルは、特殊な加工を施したパネルをキッチンの壁に合わせるだけで設置ができるため、高い技術が必要ありません。
また、施工にかかる時間が短く、人件費も削減できるため、キッチンタイルよりも施工費が安い傾向にあるという点が特長です。

また、タイルのような細かい目地もないことから、掃除の負担が減るという点も、キッチンパネルを壁材に使うメリットであるといえるでしょう。

キッチンパネルを壁材に使うデメリット

キッチンタイルと比較すると、キッチンパネルは、選ぶことができるデザインや色などのパターンが限られています。
そのため、自分好みのデザインや色のキッチンを実現できない可能性があるという点には注意しなければなりません。

また、キッチンタイルと比較すると、耐久性の面では劣るため、調理器具をはじめとした硬いものをぶつけてしまうと、傷がつくことがあるという点にも注意が必要です。

キッチンパネルの種類

ここからは、キッチンパネルに使われる素材の種類を紹介します。
素材ごとに特徴も異なるため、キッチンパネルへのリフォームをお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

種類①ホーロー

「ホーロー」とは、金属板の表面にガラス質の素材をコーティングしてつくられる素材のことです。
ガラスでコーティングされているため、光沢が美しく、汚れも落としやすいという点がメリットであるといえます。
また、金属製であるため、マグネットがつくという点も特長の1つです。

ただし、ほかの素材と比較すると、価格が高い傾向にあるという点には注意が必要です。

種類②ステンレス

「ステンレス」は、耐水性ならびに耐久性に優れる金属製の素材です。
硬度が高いため、耐久性が高く、傷がつきにくいという点がメリットとして挙げられます。

また、表面が滑らかであるため、汚れがついても簡単に掃除ができるという点も特長であるといえるでしょう。

種類③アルミ

「アルミ」は、ステンレスと同じく金属製の素材であり、表面が滑らかで掃除しやすいという特長があります。
また、ほかの素材と比較すると価格が安いことにくわえ、光を反射する性質があることから、キッチン全体を明るくする効果も期待できます。

ただし、ステンレスと比較すると、高級感や美しさの面では見劣りするという点は注意が必要です。

種類④人造大理石

「人造大理石」は、天然の大理石の破石をセメントや樹脂などで固めてつくられる素材です。
色やデザインの種類が豊富であるという点や、本物の大理石と比較すると、熱や傷に強いという点が、大きな特徴であるといえます。

ただし、重さがあるため、施工に手間がかかるという点や、工賃が高くなる傾向にあるという点には注意しましょう。

種類⑤メラミン樹脂シート

「メラミン樹脂シート」とは、「熱硬化性樹脂」からつくられたプラスチックの素材のことです。
耐水性や耐火性に優れていることにくわえ、傷がつきにくい性質をもちます。
また、ほかのキッチンパネルの素材と比較すると、軽く、そして安価であるという点もメリットであるといえます。

キッチンの壁をリフォームする際に押さえておきたい3つのポイント

ここからは、キッチンの壁をリフォームする際に押さえておきたいポイントを3つ紹介します。

ポイント①明るい色の壁材を選ぶ

暗い色の壁材が使われているキッチンは、スタイリッシュな印象を与えるものの、汚れに気づきにくく、キッチン全体を暗い雰囲気にします。

そのため、キッチンの機能性を重視するために、明るい空間にしたいという場合は、キッチンの壁材に、白色や明度の高い色の素材を選ぶことをおすすめします。
また、金属やホーローなどの表面に光沢がある素材を選ぶと、明るさを保ちつつ、キッチン全体に高級感を与える効果も期待できるでしょう。

ポイント②さまざまな素材を検討する

水や火を扱うキッチンでは、耐水性や耐火性の高い素材を壁に使用することが必須です。

以前までは、耐水性や耐火性に優れている素材といえば、陶磁器タイルのイメージがありました。
しかし、近年では人造大理石やメラミン樹脂シートといった、非金属の素材も、耐水性や耐火性に優れていることから、高く注目されています。

また、本来であれば壁材に使用できない木材であっても、木目の模様をメラミン樹脂シートにプリントすることにより、本物の木でつくられたような壁に仕上げることが可能です。
キッチンの壁は、工夫次第で家のインテリアや雰囲気に合わせることができるため、特定の素材に限定せず、幅広い素材を検討することをおすすめします。

ポイント③ショールームで実物を見る

キッチンの壁をリフォームする際は、メーカーや業者のショールームで、デザインや素材を実際に確認しましょう。
なぜなら、実物を確認せずにリフォーム工事を行うと「想像していた色と違った」「キッチンの雰囲気が暗くなった」といったギャップを感じる可能性があるからです。

また、最近では実物を見るだけでなく、展示されているキッチンで調理ができる体験型のショールームもあります。
展示されているキッチンとご自宅のキッチンを比べたうえで、ご自身が希望する壁の色やデザインを明確にしましょう。

キッチンの壁をリフォームする際の費用

キッチンの壁をキッチンタイルにリフォームする場合は、タイルを一つひとつ貼りつける作業を行うため、15万円ほどの費用がかかります。

一方で、キッチンパネルを用いてキッチンの壁をリフォームする場合は、10万円ほどが費用の目安です。
キッチンパネルは、キッチンタイルよりも施工が簡単であるため、工賃が安い傾向にあります。

どちらのタイプであっても、キッチンの広さやデザインなどによって費用は異なるため、事前に見積もりをとることをおすすめします。

キッチンの壁をリフォームする場合は機能性やデザイン性を重視しましょう

いかがでしたでしょうか。

キッチンの壁には、キッチンタイルとキッチンパネルの2種類があります。

キッチンタイルとは、陶磁器タイルでつくられている壁材のことです。
水や熱に強く、デザインの種類も豊富であるため、自分好みの壁を実現しやすいという点が大きなメリットであるといえるでしょう。

一方で、キッチンパネルとは、特殊な加工を施したパネルを使った壁材のことです。
施工にかかる時間が短く、タイルのような細かい目地もないことから、掃除の負担が減るという点が特長です。

ライフアドバンスジャパンでは、キッチンのリフォームを承っております。
キッチンをリフォームしたいとお考えの方は、ぜひ一度お問い合わせください。


キャンペーン開催中!

キャンペーン期間中は対象製品を通常価格よりもさらにお値打ち価格でご提案できます!
製品、工事においての疑問点、実績豊富なスタッフへの質問も承っておりますので、お気軽にご連絡ください!

期間限定のオトクなキャンペーンを
お見逃しなく!

おすすめのキッチンピックアップ

キッチンのコラムトップに戻る >

TOP