調理をよりスムーズにするキッチン家電配置のポイント

調理をよりスムーズにするキッチン家電配置のポイント

みなさんのご家庭では、キッチン周りの家具・家電はどのように配置していますか?
「特に考えず、スペースに合わせて適当に配置している」という方も少なくないのではないでしょうか。
しかし料理中は、冷蔵庫を空けたり、お皿を出したり、と意外にも移動が多いもの。
作業時の移動や動線などを考えたうえで家具・家電を配置しなおせば、今よりもぐっと作業効率がアップし、料理にかかる時間を削減できるかもしれません。
今回は、キッチンの使い勝手をさらに良くする家具・家電配置のポイントをご紹介いたします。

コンロ・シンク・冷蔵庫間の距離をチェック

基本的な調理の流れは、「“冷蔵庫”から食材を出す」→「“シンク”で洗う」→「“調理台”でカットする」→「“コンロ”で加熱する」といった順番ですよね。
シンク・調理台は一つにまとめて考えると、主な移動は“冷蔵庫”“シンク”“コンロ”の間で行われます。
この3箇所の行き来を快適にするために、一度コンロ、シンク、冷蔵庫の3点を結んだ三角形、ワークトライアングルを作ってみてください。ワークトライアングルが長すぎれば無駄が多く、短すぎれば収納・作業スペースの不足が懸念されます。
ワークトライアングルの3辺を合わせた数字が“510cm”になると、それぞれを2〜3歩で行き来できる、最も使い勝手の良い動線ができあがるといわれています。

食器棚は作業スペース・コンロに寄せて

食器棚は、食材をカットする作業スペース、コンロに近い位置に配置するのがおすすめです。コンロや作業スペースの近くに食器類があれば、完成した食材をすぐにお皿に盛り付けることができます。
ただし、食器棚と冷蔵庫が近すぎると、冷蔵庫のドアと食器棚の扉を開けるタイミングがかぶってしまった際に双方が身動きをとりづらくなります。
冷蔵庫・食器棚の配置で悩んだ場合は、冷蔵庫の位置を優先し、少し離れた位置に食器棚を置くようにしましょう。

利き手を意識した配置を!

先ほどご紹介したように、キッチンでの作業をよりスムーズにするためには、調理の流れに即して家電を配置することが大切です。
その際に意識したいのは、家具・家電間の距離だけではなく、主となってキッチンを使う人の「利き手」。右利きの方なら、シンクは冷蔵庫から見て右側、コンロはシンクから見て右側に来るよう意識して配置しましょう。

冷蔵庫はダイニングからの動線も考えて!

食材以外に飲み物やデザート等の甘味類も保存してある冷蔵庫は、調理中意外にもたびたび開けることを考慮したうえで配置するのがおすすめです。
キッチンの奥の方に配置してしまえば、キッチンの幅が狭い場合、扉を開けるだけで通路がふさがってしまう恐れもあります。
そのため、極力扉とキッチンが干渉しないよう、また、ダイニングから来た場合でも中身を取り出しやすいよう、冷蔵庫はなるべく入口側に配置するようにしましょう。

オーブン、炊飯器は背面側に置くのが◎

食材の過熱や解凍に用いるオーブンレンジ、お米を炊き上げる炊飯器も、極力調理場に近い位置にあるのが理想です。キッチンに背面カウンターがある場合は、その上に並べて置くのがおすすめです。
「そんなに家電を置くスペースがない!」という方は、調理中の使用頻度がより高い方を近くに配置するようにしてください。

調理をよりスムーズにするキッチン家電配置のポイント

何気なく配置してしまいがちなキッチンの家電ですが、ポイントを押さえて少し工夫するだけで、調理の効率をぐっとアップさせることができます。
リフォーム、新築の予定がある方は、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にして使い勝手の良いキッチンを作ってみてくださいね。