キッチンリフォームをする際に後悔しないための6つの注意点

キッチン

キッチンリフォームをする際に後悔しないための6つの注意点

キッチンのリフォームを検討されている方のなかには、どのような注意点があるのか、あらかじめ確認しておきたいという方もいらっしゃるでしょう。
リフォームをした結果、逆に使いづらくなったということはできるだけ避けたいですよね。

そこで本記事では、キッチンリフォームをする際の注意点を紹介します。
後悔しないキッチンリフォームをしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

キッチンリフォームで公開しないための6つの注意点

キッチンのリフォームをする際には、これから紹介する6つの注意点を押さえておきましょう。
それぞれの注意点を紹介します。

注意点①リフォームに必要な工事期間を確認する

キッチンのリフォーム工事を行っているあいだはキッチンが使えないため、どのくらいの期間で工事が完了するのかを必ず確認しましょう。

一般的には、2日程度あればリフォーム工事が完了するといわれていますが、思わぬトラブルで作業が遅れる可能性もあります。
また、キッチンのレイアウトや設備によっては、工事が1週間程度続く可能性も考えておきましょう。

キッチンの工事期間が長引き、キッチンが使えない期間が延びることも想定しておくことが大切です。

注意点②キッチンの広さを確認する

リフォーム前に、あらかじめキッチンをどのくらいの広さにしたいのかを確認しておきましょう。

また、キッチンの広さは確保できていても、搬入経路が狭いと家具や家電を運び入れることができない可能性もあります。
もし、マンションやアパートの2階以上に住んでいる場合は、搬入する際のエレベーターの有無やエレベーターの幅も確認しておくことをおすすめします。

新しく導入するキッチンや設備の幅を調べて、搬入できるかどうかを確かめることが大切です。

注意点③必要な設備を確認する

キッチンのリフォームをする場合、新しい設備を多く導入したいと考えるかもしれません。
しかし、実際にリフォーム後のキッチンを使い始めると、導入した設備を1回も使わなかったというケースがよくあります。

これまでの生活になかった設備を導入する場合には、利用人数や使用する機会を考えましょう。
たとえば、収納場所を確保するために床下収納を作ったものの、家族の人数が少ないために、1回も使わずに引っ越すということもありえます。

どのような設備を導入するのかを、リフォームの内装を考える段階で家族と相談しておくことをおすすめします。

注意点④キッチンの高さを確認する

キッチンの広さをしっかりと確認していても、高さの確認ができていなかったということもよくあるため注意が必要です。

キッチンの理想とされている高さは「身長÷2+5cm」です。
室内でスリッパを履いている方は、スリッパの高さも計算に入れましょう。
キッチンの高さが低すぎたり高すぎたりすると、作業中に首や腰を痛める可能性があります。

キッチンの設計をする際には、デザインや機能性の確認とあわせてキッチンの高さも考えましょう。

注意点⑤動線を確認する

キッチンは長時間作業をすることも多いため、動線の効率を必ず確認しましょう。

キッチンで作業をする場合に、自由に動けるスペースがどのくらい必要なのかをイメージすることが大切です。
壁付けキッチンにする場合にはダイニングまでの距離を、対面キッチンにする場合には冷蔵庫や収納棚との通路の幅などを確かめます。

また、キッチンに複数人で立つ場合も考えて、キッチンの幅は少し広めにとっておくことがおすすめです。

注意点⑥手入れのしやすさを確認する

キッチンを新しくリフォームする場合、デザインや機能性も大切ですが手入れのしやすさも確認しなければなりません。

手入れのしやすさでは、キッチンに使われている素材選びが大切です。
コンロや調理台には、人工大理石やステンレスが使われることが多いですが、手入れのしやすさを重視する場合にはステンレスを選びましょう。

また、ガスコンロよりもIHのほうが手入れをしやすいためおすすめです。

キッチンのリフォームの注意点は設計の段階で広さや高さなどを確認すること

いかがでしたでしょうか?

キッチンのリフォームをする際には、後悔しないためのさまざまな注意点があります。

まずは、リフォームに必要な工事期間を確認して、工事中の生活をどうするのかを考えておきましょう。
リフォーム後に後悔しないためにも、設計の段階でキッチンの広さや必要な設備、高さや動線などを考えることも大切です。
その際に、キッチンの手入れのしやすさも検討材料にしましょう。

ライフアドバンスジャパンでは、キッチンのリフォームも承っています。
さまざまなタイプのキッチンを扱っているので、どのような設計にするかお悩みの方もぜひご相談ください。


おすすめのキッチンピックアップ

キッチンのコラムトップに戻る >

TOP