浴室リフォームはいつがベスト?検討すべきタイミングについて解説

浴室リフォームはいつがベスト?検討すべきタイミングについて解説

「浴室リフォームでいつ行うの?」「リフォームするタイミングは?」など、浴室リフォームを検討するにあたって、どのタイミングがベストであるのか、疑問を感じている方は多いものです。
タイミングを誤ると、無駄な出費となってしまうため要注意。今回は、浴室リフォームの検討タイミングについて詳しくご紹介します。

浴室リフォームを検討するタイミング

浴室リフォームを検討するうえで、ベストなタイミングについて解説します。

20年以上浴室のメンテナンスをしていない

浴室リフォームは「20年」が目安であると言われています。そのため、20年以上浴室のメンテナンスをしていない場合は、そろそろリフォームをするべきタイミングといえるでしょう。
これ以上年数が経過してしまうと、劣化や損傷が激しくなる可能性があるため要注意です。

カビが大量発生している

浴室は湿気が溜まりやすいポイントであるため、カビが生えることが多いものです。こまめに掃除をしているにも関わらず、カビが生えてしまうことも少なくありません。
そういった厄介なカビが、大量発生している場合は浴室リフォームのタイミングといえるでしょう。カビが発生しすぎると、自力で対処するのは難しいのが事実。思い切ってリフォームで綺麗な状態にすることをおすすめします。

脱衣室の床がへこむようになった

脱衣所の床がぶよぶよとへこむようになったら、リフォームのタイミングといえます。
脱衣所は湿気がこもりやすい場所の一つ。床が水分を含んで腐食したり、傷んだりしてしまうことがあるのです。これを放置してしまうと、床が抜けてしまうことがあるため、早めにリフォームを検討しなければなりません。
また、洗面台下の排水管から水漏れが起きていることで、床が傷んでいるケースもあります。いずれにせよ、早急なリフォームが必要であるということを覚えておきましょう。

浴室リフォームはタイミングの見極めが肝心

浴室リフォームはタイミングの見極めが肝心です。きちんと浴室を観察して、状況を把握しなければなりません。
また、「20年」という期間もリフォームの目安であるため、最後のメンテナンスからどれくらいの期間が経過しているかも確認しておきましょう。


おすすめのユニットバスピックアップ

ユニットバスのコラムトップに戻る >

TOP