サボってない?ユニットバスの排水溝を掃除するときのポイント

サボってない?ユニットバスの排水溝を掃除するときのポイント

手間のかかるお風呂掃除の中でも、特に厄介な場所といえばやはり排水溝ですよね。
そのため、ユニットバスの排水溝の掃除はついついサボってしまいがちです。
しかし、排水溝のお手入れをサボり続けていると、詰まりや水漏れといった深刻なトラブルを引き起こしてしまうこともあるので要注意。
今回は、覚えておくと少し掃除が楽になる、排水溝掃除のポイントをご紹介します。

排水溝が詰まってしまう原因とは?

ほとんどのユニットバスでは、洗面所からの排水溝とお風呂からの排水溝の両方がつながっています。さらに、排水溝の下にはニオイの充満を防ぐための排水トラップがあり、ここに水が溜まる仕組みになっているものがほとんど。
ユニットバスの排水溝の主な詰まりの原因は、やはり髪の毛です。
流れた髪が詰まれば、排水トラップの水が汚れてヘドロ状になってしまい、悪臭やヌメリが起きてしまいます。
ユニットバスの排水溝が詰まった状態でさらに使い続けると、虫が湧いてしまったり、階下への水漏れが起きてしまったりとなど取り返しのつかないトラブルにつながるケースもあります。
排水溝の汚れが手遅れになる前に、きちんと清掃しておきましょう。

排水溝の詰まりを解消する掃除方法とは?

・詰まった髪の毛を取り除く
まずは排水溝のフタをはずして、溜まっている髪の毛を取り除きましょう。
排水溝の届きにくい位置まで詰まっている場合には、伸ばした針金ハンガーか割り箸を使って除去するのがおすすめ。
詰まりが解消しない場合には、髪の毛を溶かして詰まりを解消してくれる市販の薬剤を流し込んで、しばらくおいてから流せばOKです。

・フタやヘアキャッチャーを掃除する
排水溝の部品や網状のヘアキャッチャーなどは、汚れてヌルヌルしている場合も多いもの。
排水溝の部品は少し回したり緩めたりするとはずれるので、分解して洗うようにしましょう。
それぞれの部品にお風呂用洗剤をつけて、スポンジや使い古しの歯ブラシを使って汚れを落としていきます。
排水溝も、手が届く範囲でゴシゴシとこすって汚れを落としておきましょう。

・排水溝をきちんとセットし直して完了
排水トラップに溜まった汚れは、水圧を強めたシャワーで一気に洗い流すと汚れが落ちてキレイになります。
分解した排水溝は元あった通りにセットし直して、ヘアキャッチャーもきちんと設置しておきましょう。

サボってない?ユニットバスの排水溝を掃除するときのポイント

なかなか気の乗らないユニットバスの排水溝掃除ではありますが、詰まり防止のためにもしっかりと掃除しておくことが肝心。
こまめに掃除して汚れを落としておけば、排水溝トラブルから解放されて水回りを気持ちよく使うことができますよ。