衝撃すぎる! トイレの「尿ハネ」が広がる範囲とは!?

衝撃すぎる! トイレの「尿ハネ」が広がる範囲とは!?

1日に何度も利用するため、普段から意識をすることも少ないものですが、トイレで小の用を足す場合、便器やその周辺には「尿ハネ」が広がっています。
尿ハネの粒子は、目に見えない程度に小さいため意識しづらいですが、実はかなりの範囲に飛び散ってしまっているのです。
トイレを清潔な状態で使用するためには、尿ハネを防ぐことが大切です。今回は、尿ハネの驚くべき範囲と、それを防ぐ対策術をご紹介します。

意外と知らないトイレの「蓋」の役割や重要性とは?

意外と知らないトイレの「蓋」の役割や重要性とは?

誰もが毎日使うトイレですが、トイレの便座に蓋がついている理由というのは意外と知られていないものです。
最近では自動で蓋が開閉するタイプのトイレも多く見かけるようになりましたが、一体なぜトイレには蓋が必要なのでしょうか?
今回は、意外と知らないトイレの蓋の役割や、重要性についてご紹介します。

買い替え時期を見極めよう! ウォシュレットの寿命と劣化のサイン

買い替え時期を見極めよう! ウォシュレットの寿命と劣化のサイン

1980年にTOTOから発売された「ウォシュレット(温水洗浄便座)」は、トイレ使用時の快適さを一躍アップさせる画期的なアイテムです。
現在では、一般の家庭はもちろんのこと、公共の場所のトイレにも広く普及しているウォシュレット。一度ウォシュレットの快適さを知ってしてしまうと、もう従来の便器に戻すことは考えられませんよね。
しかし、電化製品であるウォシュレットには、残念ながら耐用年数というものがあります。
そこで今回は、気になるウォシュレットの寿命と、買い替え時を見極めるために覚えておきたい劣化のサインをご紹介いたします。

トイレの詰まりを招く原因3つと正しい対処方法

トイレの詰まりを招く原因3つと正しい対処方法

トイレトラブルの中でも特に厄介なのが、水が流れなくなってしまう「トイレの詰まり」。突然トイレが詰まってしまうと、いったいどのように対処したら良いのかわからずに困ってしまいますよね。
トイレの詰まりを解消するためには、まずは原因をしっかりと把握することが重要です。
原因によっては、専門の業者へ依頼せずとも自分で解決することができるかもしれません。
今回は、トイレが詰まってしまった際に考えられる主な原因をご紹介いたします。

大量繁殖を防げ! トイレに発生する「チョウバエ」対策

大量繁殖を防げ! トイレに発生する「チョウバエ」対策

気温が高くなるにつれて、家の中で虫を見かける機会も多くなってきます。
大きくてすばしっこいゴキブリはもちろん不快ですが、水廻りに大量に発生する小さな虫も厄介ですよね。
そこで今回は、水回りに発生する小さな虫・チョウバエがトイレに発生した際の駆除の方法をご紹介いたします。

トイレの水が流れっぱなし……考えられる原因と対処方法

トイレの水が流れっぱなし……考えられる原因と対処方法

トイレから出てしばらく時間が経つのに、いつまでも水音が聞こえる…… 
そんな状態を、「便器から溢れる訳ではないから大丈夫」と放置している方はいませんか?
トイレの水漏れトラブルを甘く見ていると、想定外に高額の水道料金に泣きを見ることになるかもしれません。
今回は、トイレの水が止まらなくなってしまう原因や、自分でできる対処法をご紹介いたします。

セルフで簡単! 便座が割れてしまったときの応急処置&交換方法

セルフで簡単! 便座が割れてしまったときの応急処置&交換方法

古くなった便座に長時間座ったり、勢いよくフタを閉めたりした拍子に便座が割れてしまうことは決して少なくありません。
割れた便座をそのまま使用していれば、ケガなどの思わぬアクシデントに繋がってしまうことに。
そこで今回は、トイレの便座が割れてしまったときに備えて覚えておきたい、応急処置や交換の方法を詳しくご紹介いたします。

シーズン前に要確認! 梅雨時期のトイレカビ&悪臭対策

シーズン前に要確認! 梅雨時期のトイレカビ&悪臭対策

梅雨の時期になると家のあちこちに湿気が溜まりやすくなるため、カビや嫌なニオイの発生に注意が必要です。とくに、もともとニオイが発生しやすいトイレは、梅雨の時期になると一段と汚れやニオイが溜まりやすくなります。
日頃からトイレの掃除やカビ対策を心掛けて、梅雨シーズンのカビの発生や悪臭を防ぎましょう。梅雨前からしっかりと確認しておきたいトイレ掃除のポイントをご紹介いたします。

ひねっているのに流れない? トイレレバーのトラブルと対処法

ひねっているのに流れない? トイレレバーのトラブルと対処法

トイレで水を流そうとレバーを押した際、「いつもより抵抗感がないな」と感じたことはありませんか? レバーの緩みを放置していると、水が流れっぱなしになってしまったり、レバーが空回るばかりで水が流れなくなったりする可能性があります。
今回は、トイレレバーに違和感を覚えた際に備えて覚えておきたい対処法をご紹介いたします。