トイレの詰まりを招く原因3つと正しい対処方法

トイレの詰まりを招く原因3つと正しい対処方法

トイレトラブルの中でも特に厄介なのが、水が流れなくなってしまう「トイレの詰まり」。突然トイレが詰まってしまうと、いったいどのように対処したら良いのかわからずに困ってしまいますよね。
トイレの詰まりを解消するためには、まずは原因をしっかりと把握することが重要です。
原因によっては、専門の業者へ依頼せずとも自分で解決することができるかもしれません。
今回は、トイレが詰まってしまった際に考えられる主な原因をご紹介いたします。

まずは前兆があったか否かを思い出して

トイレが詰まってしまったときは、まず落ち着いて詰まる前のことを思い返してみてください。
何の前触れもなく突然トイレが詰まってしまった場合は便器の不具合の恐れがありますが、場合によってはこれまでのトイレの使い方に問題がある可能性も。
トイレ詰まりの原因を解明するために、以下のような前兆を覚えておきましょう。

・トイレ使用後、一度溜まった水が引いていく
・水を流した際に、便器の中からゴボゴボという異音がする

上記の前兆に気づくことができれば、トイレが完全に詰まってしまう前に対処することができるかもしれません。

トイレ詰まりの主な原因

すでにトイレが詰まってしまった場合、考えられる主な原因は以下の3つです。

・ティッシュペーパーを流してしまった
トイレットペーパーと違い、鼻をかんだり、濡れた場所をふいたりするのに使用するティッシュペーパーは、水に溶けにくい作りとなっています。
そのため、水に溶けきらなかったティッシュペーパーが配管に詰まり、水の流れを滞らせてしまうのです。
この場合、しばらく時間をおいてからスッポンを使用することで、詰まったティッシュペーパーを押し流すことができる可能性も。専用の薬品を使用すると、よりスムーズに解消できます。間違いなく紙以外は流していないという場合は、業者に依頼する前に、一度自分で対処してみるのも良いでしょう。

・紙以外の異物を流してしまった
トイレを流した後、便器内の水が一度溜まってから減っていくといった水位の変化が見られた場合は、異物の詰まりが原因と考えて良いでしょう。
うっかり落としたスマートフォンやぞうきん、トイレ用の芳香剤などを流している場合、自分で対処すると余計に詰まりを悪化させてしまう恐れがあります。下手にスッポンで圧をかけることで異物がどんどん奥に詰まっていき、取り出すのが難しくなってしまうのです。
異物を落としたまま水を流してしまったという場合には、早めに専門の業者に依頼して修理をお願いしましょう。

・排水管に問題が発生した
ティッシュペーパーや異物を流した覚えもないのに、ゴボゴボという音がしてトイレが詰まってしまったという場合は、排水管自体に問題が発生していることが考えられます。
自分で対処することは難しいため、専門の業者に対処をお願いしてください。

トイレの詰まりを招く原因3つと正しい対処方法

トイレが詰まってしまうと、ただ水が流れないだけではなく、異臭や水漏れといったトラブルにもつながってしまいます。
原因に心当たりがなく、自分で対処するのが難しいと判断した場合には、なるべく早めに業者に依頼するようにしましょう。
普段からトイレの使用方法に気を使い、流した際の変化などに気を配ることで、未然に予防していくことが大切ですよ。