トイレリフォームをどこに依頼したらいいのか。プロが選び方を教えます

トイレリフォームをどこに依頼したらいいのか。プロが選び方を教えます

トイレリフォームの依頼先をお探しのあなたに「業者の選び方」についてご紹介します。
業者によっては工事の仕上がりに大きな差が出るので、しっかりと見極める必要があるでしょう。

日本住宅産業リフォーム協会などの団体に加盟している業者から選ぶ

リフォームなどの工事において、安心して任せられる業者かどうかという点は、極めて重要なポイントです。残念なことに、最近は悪質な業者がいます。
施工面でも費用面でも安心して頼める業者はどうすれば見つかるのでしょうか。

業者を選ぶ場合、いくつか押さえておかなければならないポイントがあります。
そのうちのひとつが「許認可を受けた業者であるかどうか」ということです。

さらに、業者が「日本住宅産業リフォーム協会」や「住宅推進協議会」などの団体に加盟しているかどうかということをチェックしましょう。
もちろん加盟していない業者にも優秀な業者はいくつもあります。しかし、加盟している業者なら質の高いリフォームを行ってくれるため安心です。

また、政府の成長戦略に合わせて誕生した「優良リフォーム支援協会」という団体もあります。全国の住宅リフォーム業者を中心に構成されている団体です。
こういった団体は消費者側の立場に立った相談窓口を設けていることもあり、リフォームでトラブルがあった場合に助けになってくれます。

保証期間やアフターサービスを確認する

トイレリフォームで、他に確認しておくべきことは、「アフターサービス」に関することです。保証期間はもちろん、サービス拠点が近いかどうか、土日祝日や夜間でも対応可能であるかなど、しっかりと確認しておきましょう。
アフターサービスに関しては、見積もりに盛り込むことが大切ですので、内容を確認することも必要です。
リフォーム後に欠陥が見つかった場合に無償で直すことができる「リフォーム瑕疵保険」に入っているかどうかも、確認しておいてください。

希望するリフォームと同規模の工事実績が複数ある業者であるか

業者を選ぶときは、施工を依頼してから後悔しないためにも、豊富な実績を持っている信頼のおけるところを選ぶことが重要です。
専門の職人さんが取り付け工事まできちんと行ってくれるかどうかを確認した上で選ぶとよいでしょう。

また、できるだけスピーディーに対応してくれる業者なら、急いでいるときも安心してお任せできます。
工事にはいろんな工程がありますので、どの工程も確実にこなしてもらうためにも、同様の規模の工事実績を多く持つ業者に任せるのがいい方法です。

希望に対してアイデアを出してくれる業者

トイレは一日に何回も使う、生活する上では非常に重要な場所です。
最新のトイレに入れ替えたい、和式から洋式に変更したいという理由でトイレリフォームを行う家庭が多くなっています。

リフォームを問題なく成功させる上で業者の担当者とのコミュニケーションは欠かせません。より親身になってよいアイデアを出してくれるような担当者がいる業者、つまり、「提案力」のある業者がおすすめです。

理想のトイレを探しても予算に合わない、既存のトイレに設置するには大掛かりな工事になりすぎてしまう場合、より希望に近い提案をしてくれる業者というのは、工事を任せるに値する業者と言えるでしょう。

工事業者は見極めが何よりも大切。団体加盟の有無やネットの口コミも参考に

工事業者の見極め方法として、住宅リフォームに関する団体に加盟しているかということをまずは基準にしてみてください。
団体加入業者は適当な工事を行うことはありませんので、大きな判断材料となるでしょう。

また、一般的なトイレリフォームの場合、見積もりを取り業者を決めたら実際の工事の打ち合わせをします。
その時に発注者側がいくつかの希望を出した場合、それに応じて様々なよいアイデアを出してくれると、発注する側も選ぶ範囲が広がるでしょう。
担当者と色々と議論するうちに打ち解けてコミュニケーションもスムーズになるはずです。
そういったことも考えてネットで口コミなどを調べ、業者選定しましょう。