給湯器は「つけっぱなし」と「都度消し」どっちが安い?

ガス給湯器にはガス代のほかに電気代もかかります。特にシャワーを使う機会の多い夏場やお湯を使って洗い物をすることの増える冬場などは、光熱費が気になりますよね。
お湯を使っていない時には給湯器自体の電源をその都度消したほうがいいのでしょうか? それともつけっぱなしでもいいのでしょうか?

ガス給湯器の仕組みとは?

すでにお話ししたように、ガス給湯器には「ガス代」「電気代」2種類の料金がかかります。「ガス給湯器」なのに、なぜ電気代がかかるのでしょうか?

ガス給湯器は、水道のパイプに水が流れるとともにガスが着火、パイプを加熱するというような仕組みで水を温め、給湯する装置です。
私たちがお湯を出そうと蛇口をひねると給湯器の水量センサーが反応し、ガスが着火します。さらに温度センサーによって流れるお湯の温度が一定に保たれ、水量制御弁によって水量も一定の量に保たれます。

これらのセンサーなどの仕組みは主に電気で動いているので、ガスが使われるのは実質的には水を温めてお湯にする時だけなのです。ガス給湯器にとって電気は大きな役割を持っているのですね。

つけっぱなしにしてもガス代はかからない?

まずはガス代についてです。ガス給湯器を使っていない時に電源をオンにしていてもガス代はかからないのでしょうか?

現在大手の給湯器メーカー各社は、使用していない時にはガスの種火が消える仕組みの製品を主に取り扱っています。お湯や暖房を使っていない時には自動的に種火が消えるため、基本的にガスは消費されないということになっています。

つまり、ガス代のみに注目すれば給湯器の電源をつけっぱなしにしても光熱費に影響は少ないということになるのです

給湯器の電源「都度消し」なら電気代が安い&安全!

給湯器を「都度消し」することは、ガス代よりも電気代の節約に役立ちます。
一般的なガス給湯器は、お湯や暖房を使っていない間でも待機電力を消費しています。平成24年の調査ではオンモードの時には平均7.97W、オフモードでは平均6.03Wの電力を消費するといった結果が発表されているのです。
使わない時にこまめにスイッチを切れば、年間300円程度は電気代を節約することができます。

また、火災などの事故・トラブルを防ぐためにも電源を切ることは大切です。使い終わる度に消すのは面倒という場合でも、就寝・外出時などには給湯スイッチが切れていることを確認しましょう。

より徹底した節約や安全を重視するのであれば、給湯器の電源は「都度消し」がおすすめです。気にしすぎる必要はありませんが、日ごろから心がけてみてはいかがでしょうか。