お湯が出ない...冬に給湯器が凍結したときの症状や対策法とは?

お湯が出ない……冬に給湯器が凍結したときの症状や対策法とは?

冬本番になると、気温が氷点下になることも珍しくありません。
もちろん地域によっても平均気温は異なりますが、都心部でも氷点下を下回ることがあります。このように寒い日が続くと、家の中にこもってしまいたくなりますが、給湯器が凍結してしまうことがあるため要注意です。
「寒いからお湯を使おうとしたのに、今日に限ってお湯が出ない……」というトラブルが起こる可能性があるのです。
このようなトラブルを防ぐためにも、給湯器の凍結の症状や凍結してしまう原因、そして凍結した場合の対策方法についてチェックしておきましょう。

給湯器の凍結って一体どんな症状?

寒い時期に給湯器からお湯が出ないという場合には、給湯器の凍結が考えられます。
給湯器が凍結した場合には、お湯も水も全く出なくなってしまうことがほとんどです。
給湯器の内側には水を通すための管があり、普段給湯器はこの管の部分の水に炎を当てお湯にしてから排出しています。この管の内側には、蛇口を止めたときにも水が溜まっているため、寒い時期にはこの管の水が凍ってしまうことがあるのです。

給湯器が凍ってしまうとどうなる?

水は凍ると体積が増えるという性質があるため、給湯器内部で凍結が起こると配管が破裂する恐れがあります。
破損箇所から溶けた水が漏れて内部の部品や配線が濡れてしまうと、漏電や故障につながることもあるため、決して甘く見ることはできません。
給湯器の故障を防ぐためにも、冬場の凍結に十分な注意が必要になってくるのです。

給湯器が凍結してしまったときの対策法

給湯器が凍結してしまった場合には、基本的には自然に溶けるまで様子を見るしかありません。配管や給湯器にお湯をかければ解凍されやすくなりますが、お湯のかけ方によっては故障につながることもあるため、あまりおすすめはできません。
ドライヤーで配管を温めるという方法もありますが、ゴムパッキンなどが破損しないよう十分気をつけましょう。
また、給湯器から水漏れがある場合には管の破損も考えられるので、水が漏れている場合には無理に自己で修理しようとせず、給水栓を閉めた上で業者に修理を手配することが大切です。

給湯器の凍結を予防する方法は?

近年の給湯器には、ヒーターや循環ポンプなどが備わっているため、凍結の心配も少なくなっています。凍結防止機能が働いていれば凍結による故障のリスクを防ぐことができるため、給湯器の電源プラグは抜かないようにしましょう。
凍結防止機能が備わっていない給湯器を使用している場合、凍結が心配な寒い日の夜には水を細く出しっぱなしにしておくという対策方法があります。
水が少しでも流れていれば給湯器内部の水も循環するため、凍結しにくくなります。
また、給湯器用の凍結防止テープやヒーター、断熱材などを必要に応じて取り入れるのも有効です。

お湯が出ない……冬に給湯器が凍結したときの症状や対策法とは?

氷点下を下回ることが当たり前になる地域にお住まいの方は、凍結対策ができている給湯器に交換するという方法がおすすめです。 凍結や破損によってお湯が使えないという事態を避けるためにも、あらかじめ対策を取っておきましょう。