「給湯器から出るお湯が熱い……」考えられる原因と対処方法

「給湯器から出るお湯が熱い……」考えられる原因と対処方法

入浴や洗い物時、お湯を利用することがしばしばあります。
その際、「設定温度よりも熱いのでは?」と感じることはありませんか?

「普段より温かいな」という程度でしたら問題ないかもしれませんが、設定温度よりもはるかに高いお湯が出て火傷をしてしまうような場合は、給湯器に原因があるケースも少なくありません。
今回は「設定温度よりも熱いお湯が出てしまう」というトラブルの原因やその対処法をご紹介します。

給湯器のお湯が熱くなる原因

ユニットバスの換気扇掃除を効果的におこなうための手順

設定温度よりも高いお湯が出てしまい、しかもそれを調節できない場合はいくつかの原因が考えられます。
まずはリモコンの設定によるものです。何らかの設定で温度が調節できないようになっている場合があります。

他には循環フィルターにゴミが詰まってしまいお湯の温度を冷やす水が十分に供給されなくなっているというケース、もしくは給湯器そのものが故障しているケースなどです。

給湯器から熱いお湯が出てしまう原因の中には「ついうっかり」というものもありますが、それ以外であれば故障が疑われます。
故障の際は早急に業者に相談する必要がありますが、そうでない場合は事前に以下の項目を確認しておくと良いでしょう。

・給水栓がしっかり開いているか

お湯が熱くなっている際に確認したいものの1つが給水栓です。
ここの開きが中途半端になっているとお湯が熱いまま出てしまいます。
そのため、水の元栓がしっかりと開いている状態かをまずは確認するようにしてください。

・温度調節のレバーが適切な位置に設定されているか

温度を調節する際のレバーを確認し、しっかりと現在の温度を示せるような位置に設定されているかを確認します。

・リモコン等にエラー番号などが表示されていれば控えておく

リモコンに普段は表示されていないようなものが表示されていたり、エラー番号などが表示されていたりしたら控えておくようにしましょう。
こういった情報が点検や修理時に役立つ時があるため、気になったことなどがあったら、日頃から記録しておくクセをつけておくと良いでしょう。

今回紹介した箇所に特に不具合がないにも関わらず、お湯が熱いというトラブルが起きているのであれば、給湯器そのものが故障している恐れがあります。
ガス周りの部分を1人で修理しようとすると、ガス漏れや不完全燃焼を引き起こす恐れもあるので、無理に自分の力で修理しようとせずに業者に依頼して解決することをおすすめします。
寒い冬でも快適に家事や生活ができるよう、万が一の場合の対処方法を身につけておきましょう。