うなり音がする給湯器をそのままにしておくことによるデメリットとは

うなり音がする給湯器をそのままにしておくことによるデメリットとは

給湯器のうなり音が聞こえているという方、そのまま使い続けていませんか実は、対策を行わずに使用し続けることでさまざまなデメリットがあるんです。時に危険な場合もありますので、しっかりと正しい知識を持つようにしましょう。

給湯器を使っていると、ある日突然「ブーン」や「キーン」と異音が鳴ることがあります

「最近給湯器から変な音がするのですが放っておいてもいいのですか」
「給湯器のトラブルは日頃の音で分かることもあるのですか」
という疑問をお持ちの方が少なからずいます。

給湯器は家の中の給水設備にお湯を供給してくれる大事な機具です。
それでありながら何ヶ月、何年もの間放ったらかしで、日常の点検など行わないというご家庭が大多数ではないでしょうか。

しかし日頃何ともなかった給湯器から、突然今まで聞いたこともない音が聞こえてくるケースは珍しくありません。
例えば「キーン」といった音がしているのに気付くことがあるでしょう。
給湯器は機械ですので壊れることもありますし、寿命も当然のことながらあります。
突然発生した異音がトラブルの兆候である可能性もあるので、慎重に対応する必要があると考えてください。

まず小さな爆発音なら不完全燃焼を疑いましょう。
「ピー」という音ならファンモーターの故障の可能性があります。
また「キーン」という音なら配管内の圧力急上昇という場合が考えられるケースです。

このような異音を聞いたら即座に給湯器の電源を切ることを心がけてください。
そして
・ガス臭くないか
・エラー表示は無いか
・排気口は正常か
などをチェックします。
そしてガスの臭いがすれば専門業者に相談しましょう。

給湯器の故障が部品の劣化が原因の場合は、部品交換をすることでトラブル解消ができます

給湯器が経年劣化で壊れてしまった場合において、機器を交換すべきか部品交換で修理すべきか、選択に困るところです。
一般に部品交換の方がコストも日数も節約できますが、場合によってはあまり変わらないこともあります。
それぞれの特徴をあらかじめ知っておくことで最も適した対策を取ることができます。

ガス給湯器の寿命は、一般に10年〜15年程度です。
劣化により壊れてしまうと交換のための費用がかかることがほとんどです。
ガス給湯器の交換費用の最多価格帯は、機器代込みで12万円〜16万円というのがだいたいの相場となります。また、種類や設置場所、現状によって大きく変わるということも珍しくありません。

ただし、訪問見積りが終わって正式注文してから3日〜1週間ほどかかるため、機器自体の交換ではなく部品のみの交換で対応することも考えられるでしょう。
費用も日数も節約することができるというメリットがあります。

ただし、部品交換に当たって2つの注意点があるということを知っておいてください。
まず、給湯器メーカーは修理に必要な部品や材料を市販していないということです。
メーカー製造の純正部品が必要となれば、安価にならないかもしれません。

次に、給湯器の生産を終了してから10年経過すると、部品が製造終了となり入手できないおそれも発生します。
上記の理由により、一定年数を超えた給湯器に関しては機器の交換をすすめられるでしょう。

一般的な給湯器の寿命は10年なので、購入してからどのくらいの期間が経過したのか考えてみてください

給湯器の寿命は一般的にどれくらいかご存知ですか。
頻繁に使っている家庭ではその分寿命が大幅に縮まるのではと考える方が多いです。
故障してしまう前に、給湯器の寿命の相場や寿命を縮めてしまう原因についての基礎知識を身に付けておきましょう。

一般に給湯器は、使い方を間違えなければ寿命が比較的長い機具で、寿命は10年〜15年です。
つまり使用頻度に関係なく、正常な使い方をしていれば10年は問題なく使えるでしょう。
ただし、給湯器の燃料に使われているもの(ガスまたは石油)の料金と水道代が高額なほど、給湯器を使う頻度も高くなっていると判断でき、当然給湯器を頻繁に使うほど部品の消耗も激しくなります。
一方で、燃料の違いによる寿命の差はほとんどありません。

構造については、瞬間式と貯湯式というふたつのシステムがあります。
貯湯式は瞬間式に比べて構造が単純なので、故障しにくいことがメリットです。

逆に、エコキュートやエコジョーズといった大気熱を利用した給湯器は、構造がかなり複雑で、寿命もやや短くなりがちです。

給湯器から異音がしたら、早めに専門業者のスタッフに依頼して、修理をしてもらう必要があります

給湯器から日常聞かないような異音を聞くことがあります。
異音がする原因は幾つか考えられますが、単純な原因の一つに"メンテナンス・掃除不足"ということがあります。

さらに進むとガス漏れや漏電という可能性も考えられますが、こうなると部品の修理や交換、あるいは給湯器の買い換えをしなければなりません。

異音の原因が分からなかったら自分で修理しようなどと考えず、専門の業者などに相談してください。
給湯器の寿命は約10年と言われていますが、あくまでも"長くて10年"です。
きちんと寿命を全うさせるためにも、定期的なメンテナンス契約をしておくことが大切になります。

ちなみに、異音の種類で危険性が高いと思われるのが、「ゴーッ」「ボンッ」「ピーピー」「ポコンポコン」「キーン」というような音です。
どのような音か、いつから聞こえ始めたか、リモコンや電源ランプの状況、ガスの臭いなどをチェックし、専門業者に相談するようにしましょう。

給湯器の異音には敏感になるべし!

外に置いてあるので音が聞こえないのではないかと不安になる方も多いでしょう。
給湯器の異音は使用中であれば比較的大きな音が発生するので、家の中にいても聞こえます。
普段聞きなれない音がしていれば、まずは給湯器から聞こえていないかチェックしてみてください。