給湯器を交換する際の相場とは

給湯器を交換する際の相場とは

給湯器を交換するときにかかる費用について気にする方は多くいます。給湯器の種類によって相場が大きく異なりますので紹介します。

給湯器を交換する際の相場は、大きく分けて瞬間型と貯湯型の2種類がある

給湯器を新しいものに交換する場合、気になるのが相場です。給湯器には「瞬間型」と「貯湯型」の大きく2種類に分けられますが、それぞれ交換にかかる費用相場はどれくらいなのでしょうか?

瞬間型の給湯器

文字どおり、瞬時にお湯を沸かしてくれる給湯器です。給湯器内に細いパイプがあり、そこから水が流れ交換器内に着火する仕組みになっています。ガスや石油を使った給湯器がこのタイプになりますが、お湯切れの心配がないので、湯量を気にすることなく安心して使うことができます。ただ一度に使える量は決まっているため、その辺は気をつけて選びましょう。

貯湯型の給湯器

一方で貯湯型は、深夜にお湯を沸かして使うタイプの給湯器になります。深夜は電気代・ガス代が安いのがメリットで、エコジョーズなどがこのタイプに含まれます。

交換の際の費用相場

瞬間型か貯湯型かによって費用相場は大きく変わってきます。貯湯型はお湯をたっぷり使うことができますが、その反面、お湯がなくなると使用することができません。ここが費用にも大きく影響してきます。またサイズや機能によっても変動しやすいので、15~30万くらいはかかると考えておいてください。

・暖房機付き
温水床暖房や浴室暖房乾燥機などが付いた給湯器です。追い焚き機能の有無によって費用は異なりますが、追い焚き有りで40万台、追い焚き無しで30万前半になります。またこれらの相場は2~4人用です。

・風呂給湯器
同時に複数の給湯ができるタイプで、こちらも追い焚きの有無によって10万くらいの差があります。有りなら30万台、無しなら20万前後。もちろん業者によっても変わってきます。

補助金制度を上手に使って、エコジョーズをご自宅に!

近年は、エコジョーズにする家庭も増えています。エコジョーズは貯湯型の給湯器になり、深夜にお湯を沸かして使うので、ガス量をセーブしたり地球環境のことを考えたり、商品名のとおり“エコ”なのがポイントです。ただエコジョーズは、設備費用や本体価格が高いのが難点。しかし自治体から補助金制度を支給してもらえるので、想像よりも安く設置することができるでしょう。

たとえば10万5,000円の購入価格なら、約2万円補助してもらえます。もちろん、補助金制度を受けるためには申請用紙に必要事項を記入し、期間内に提出する必要があります。なかには申請代行を行ってくれる販売店もありますので、相談してみると良いでしょう。代行を行っていない場合でも、市役所のホームページから自分で手続きができます。


おすすめの給湯器ピックアップ

給湯器のコラムトップに戻る >

TOP