給湯器を交換する際はどこに頼むのか?メーカーかガス会社か悩む方に正しい情報をお伝えします

給湯器を交換する際はどこに頼むのか?メーカーかガス会社か悩む方に正しい情報をお伝えします

給湯器が交換は、業者に頼むならどこに頼めば良いのでしょうか。メーカーでしょうか、ガス会社でしょうか。さまざまな選択肢とそれぞれの特徴をご紹介していきます。

法律で定められた資格でなければ作業できない

ガス給湯器は、毎日使う物だけに劣化や故障などによって給湯器自体を交換しなければならないことがあります。そんな時に、工事費がかかるから……と、給湯器だけ購入して、自ら交換しようと考えてしまう方もいるかもしれません。

確かに、給湯器を購入することはできます。
しかしながら、工事を行うために必須の資格を取得していないのならば、給湯器を自ら交換することは法律違反となります。

給湯器の交換工事では、配管や配線の接続作業が必要となり、それらの作業を安全に行うために、いくつかの資格の取得が法律で定められています。
これに違反してトラブルを引き起こした場合、法律違反による罰金はまず避けられません。

給湯器を購入したなら、設置に必要な工事のための資格を取得していると確認できる業者に、速やかに連絡することが賢明です。

給湯器の修理交換を依頼するには、選択肢は3つ

給湯器の修理や交換を依頼する場合は主に3つの選択肢があります。それぞれのメリット・デメリットを考えてみましょう。

1つ目はガス会社です。いつも利用している安心感がある一方で、交換費用は割高ですし、給湯器の選択肢も限られているというデメリットもあります。

2つ目は給湯器メーカーです。しかし取り付けや修理は専門業者に委託しています。交換の場合、同じメーカーの中から選択しなくてはなりませんし、割引率も少なく費用が高めです。

3つ目は給湯器販売会社です。複数のメーカーの給湯器を取り扱っていること、業者が多く競争が激しいことから割引率が大きいことがメリットです。アフターサービスや保証年数の充実したところもたくさんあります。しかし玉石混淆で、中には信頼できない業者もいます。料金が最初の提示と異なったり、工事が雑だったり、アフターサービスが悪いなどということもあります。後悔しないためには、しっかりと契約前に確認しましょう。

見積もりを数社に依頼して、給湯器の価格、撤去費、取り付け工事などを比較しましょう

給湯器の交換を考えたら、まずは給湯器のメーカーや給湯器販売業者などに問い合わせ、見積もりを取るという段階に移ります。

この場合に大事なことは、見積もりは複数の業者に出してもらうということです。1社だけの言い値で工事を決定せず比較検討しましょう。

また、見積もりを見る際は、給湯器本体の価格はいくらなのか、撤去費・取り付け費などの工事費はいくらなのか、出張費はいるのか、割引率などを確認しましょう。

給湯器の値段はどこで購入しても同じではないのかという疑問を持たれる方もいるでしょうが、給湯器の仕入れ価格が会社により異なるので同じにはなりません。さらに、見積もりを取る時は、あらかじめ相場を知っておくことも大事です。頭に入れておいた値段と、見積もりの値段を比較するようにしましょう。

保証期間、トラブル時のサービスが無料か有料かも確認する

給湯器を交換するときに注意すべきことのひとつに、保証があり大きく分けて二種類に分類できます。給湯器自体の保証と、交換工事に関する保証です。

製品自体や工事に対して保証がしっかり付いているか、そしてその期間が長いかは、非常に重要なことです。保証が付いていなければ、何かトラブルがあった時に、高額な修理費用を支払わなければなりません
保証内容は、その期間はメーカーや業者によって異なります。また、保証期間中のトラブルについてもさまざまです。この点は、よく確認しておく必要があります。
当社の保証期間については、こちらでご紹介しております。

https://www.life-adj.co.jp/kyutoki/warranty.html

注意事項を確認して専門業者に依頼しよう給湯器の交換を頼む際の注意点まとめ

給湯器を交換するときには、給湯器メーカー、ガス会社、給湯器販売会社のいずれかがありますが、コストや保証を考えると給湯器販売会社に依頼することをおすすめします。
交換を依頼する際には、見積もりを取ることと、保証内容まで確認しておくことが大切です。保証の内容や期間、無料か有料かまで確認しておくと、後々まで安心です。

生活に欠かせない給湯器ですから、吟味して交換しましょう。