給湯器のオートとフルオートの違いについて、交換時に知っておきたい基礎知識とは

給湯器のオートとフルオートの違いについて、交換時に知っておきたい基礎知識とは

給湯器には2つのタイプがあるということ、ご存知の方はあまり多くないようです。
もし今後給湯器の交換をしなければならない、という方は、その違いを知っておくと交換時に役立ちます。分かりやすくまとめましたので、ぜひご参考にしてみてください。

オート・フルオートの共通となる動作とは

追い炊き付き一般タイプ給湯器は、「オートタイプ」と「フルオートタイプ」の2種類があります。どちらもスイッチ一つでお湯はり、追い炊き、保温が自動でできるのでいつでも温かいお風呂に入れます。では、大きな違いは何かについてお伝えしていきます。

オートタイプもフルオートタイプもスイッチ一つで、設定の温度・湯量通りに、自動でお湯はりが可能です。
また、自動機能をONにしておくことで保温を行い、湯温が低下すると自動で追い炊きをしてくれることも特長です。さらに、どちらもコントロールパネルのスイッチ一つでお風呂の設定温度を下回ってしまったときに自動的に追い炊きを行ってくれるので、いつでも温かいお風呂に入ることができることも魅力でしょう。

ただし、オートタイプはフルオートタイプに備わっている水位センサーがなく、配管を自動洗浄する機能が使えません。そのため低価格で取り付けることができるのが特徴となります。

フルオートタイプは自動で検知して足し湯をしてくれる

ガス風呂給湯器とガス給湯暖房熱源機には、機能が異なる「オートタイプ」と「フルオートタイプ」の2つのタイプがあるということは上記でご説明しました。
どちらもスイッチを押すだけでお湯はりや追い焚き、保温をしてくれますが、オートとフルオートの違いのひとつに「水位センサーの有無」があげられます。

フルオートは水位センサーを備えており、水位を基準にお湯の量を管理しています。
そのため、水位が設定値より下がると自動足し湯機能によって設定水位までお湯が足される仕組みです。一方、オートタイプは、水位センサーを備えておらず、湯量で管理しているため設定した湯量でお湯はりをストップし、その後増えることはありません。
フルオートなら前に入った人がお風呂のお湯を使って減っても、自動的に設定水位まで「足し湯」をしてくれるので、お風呂に入った時にお湯が少ないという状況にならないのです。

フルオートの方が高価

給湯器のフルオートはオートに機能が追加されているため、値段に差があります。
オート機能は、自動湯はり、追い炊き、保温が主要な機能ですが、フルオートは更に自動の足し湯機能が追加されます。

さらに、これらの機能に自動洗浄機能が追加されたものもあります。どちらも通常の給湯機能に加えて、チェック機能や細かい給湯制御のための自動制御機構のため値段が上がります。値段の差は、自動制御部分以外にも、給湯能力や、省エネ機能、暖房機能の有無などの条件によって変わります。

具体的な価格については、詳細によって異なりますので業者に問い合わせをすると安心です。

ガス代などのランニングコストに違いはあまりない

給湯器にはオートタイプとフルオートタイプの2種類があり、どちらもお湯はりや保温、追い焚きができます。
フルオートはオートに比べて湯量を自動で増やす、追い炊きの配管を自動洗浄してくれるといった機能もあります。では、オートタイプの給湯器とフルオートタイプの給湯器では、ガス代などのランニングコストに差はあるのでしょうか。

実は、フルオートとオートのランニングコストに差はありません。しかし自動足し湯機能は水道とガス代がかかるので、保温時間の設定によってはランニングコストが上がってしまうので注意が必要です。

初期費用面から考えれば、水位センサーや自動洗浄機能などのフルオートタイプにある機能にこだわりがなく、また最低限の管理ができれば良い人にはオートタイプが最適でしょう。
オートはフルオートより機能が少ないため、初期費用が安く抑えられるからです。

給湯器のオートとフルオートの違いは「水位センサー」

水位センサーが搭載されているものがフルオート、そうでないものがオートであるということが分かりました。
どちらを選ぶかは人それぞれで異なりますが、最低限の設備があればよい、というのであれば初期費用を考慮してオートタイプでも全く問題はありません。
あなたの生活スタイルに合わせて、業者と相談して検討しましょう。