給湯器を交換する目安の時期について判断基準も含めて教えます

給湯器を交換する目安の時期について判断基準も含めて教えます

給湯器の交換時期を知っておくことで、快適な生活を送ることが可能です。急に使えなくなって困ったということがないように適切な時期を見極めましょう。

給湯器の平均寿命設置場所や使い方によって大きく変わる

給湯器の寿命が設置場所や使い方によって大きく変わることをご存知ですか?
およそ8年から10年と言われていますが、寿命は設置場所や使い方によって変わります。

まず確認したいのは給湯器の設置場所です。給湯器の前に十分なスペースがない場合は十分に排気がされずに不完全燃焼を起こし、機器の内部を痛めてしまいます。

また、給湯器が雨のかかる所にある、ホコリの溜まりやすい場所にあると本体寿命を短くする要因にもなります。給湯器に被ってしまわないような雨避けなどを設置するという工夫も必要です。

さらに、入浴剤の利用も給湯器の寿命を短くしてしまいます。なぜなら、入浴剤に含まれるイオウ、酸、塩分が追い焚きの際に配管を通り、配管を傷めてしまうからです。

給湯器を長く使いたい、寿命を延ばしたいという場合は循環アダプター(お湯の注ぎ口)や給湯器本体をこまめに掃除することが重要になります。

水温が一定でないなどの場合も交換時期

給湯器が故障した場合、交換したほうがいいのか、それとも修理で足りるのか、損しないように事前に確認しておきましょう。

先にもあげた通り給湯器の寿命は、大体8年から10年です。
もちろん、給湯器の使い方はご家庭により違い、お湯をよく沸かす家庭では、消耗度も激しく寿命も短くなりますが、極端に寿命が短くなることはありません。

では、どのような症状が出たら、寿命間近といえるでしょうか。
その一例として、
・水温が一定でない
・異音がする
・お湯がぬるい
などがあげられます。

以上のことから、お使いの給湯器が設置してから10年以上たっており、水温が一定でないなどの症状がある場合は速やかに交換を検討しましょう。

部品交換の必要な故障が発生した場合交換を検討する

修理の手配をしても、古いタイプの場合、部品や技術者の手配など意外に時間がかかる場合があります。そのような場合は、新しいものに交換することも検討しましょう。
10年以上使用した給湯器が故障した場合、買い替えた方がよいことには理由があります。
一般に、説明書などにメーカ側から次のような記載があるのをご存知でしょうか?

「標準的な使用方法で使用している場合、故障や不具合ななくても安全に使用できる限度としておおよそ10年である」

さらに、機器に使用開始年月日などが示されているはずです。メーカ側としては耐用年数として部品類は10年が限度ということを示し、10年以上部品の在庫を保有しない可能性もあるということを表しています。
たとえ部品の交換が可能であったとしても、在庫がなく調達に時間がかかる、技術者も限られるといった場合があります。その結果、すぐに修理ができないばかりでなく費用が通常より高くかかることも多いのです。新しい給湯器に買い替えた方が、安定性しており安全性や省エネ性もすぐれ、費用的にも利点があると考えられます。

交換時期の目安を超えていたら異常を感じた早い段階で業者を呼ぶ

あなたのご家庭の給湯器は何年使用しているでしょうか?
少しでも異常を感じたという経験はありませんか?
給湯器が故障してしまったら、生活が不便になってしまうことは間違いありません。
その前に、給湯器の交換時期を超えていた場合、そして異常を感じた場合は、早い段階で業者を呼ぶことが大切です。

異常が感じた場合に業者を呼んだ際には、修理・交換が必要な場合と、修理のみが必要な場合があります。
修理・交換が必要な場合は、例えば、
・給湯器の使用開始から10年以上が経過している
・お湯が出るまでに時間がかかる
・お湯の温度が一定を保つことが出来ず、水やぬるま湯がでてきてしまう
・異様な音が給湯器から聞こえてくる
などです。

また、修理のみが必要な場合は、
・使用年数が10年を超えていない
・異常を感じた時に素早く業者を呼び、点検を行った
・給湯器内の温度センサーなどの部品の異常であった
などでしょう。

いずれの場合も、給湯器が故障し困ってしまう前に、異常を感じたら素早く業者を呼ぶことが大切です。当社でも急な対応にお答えが可能です。お気軽にお問い合わせください。