給湯器の水漏れ放置は危険!水漏れを起こす原因を解説

給湯器

# 注意点

給湯器の水漏れ放置は危険!水漏れを起こす原因を解説

年月が経った給湯器からは、水漏れが発生することがあります。放置していると、使用できなくなることもあるため、早めの対策が肝心です。今回は、給湯器が水漏れしている時の対処法について解説していくので、参考にしてみてください。

給湯器の水漏れを放置することが危険な理由

給湯器からの水漏れは、水漏れ箇所や水量によっては給湯器の内部で不完全燃焼を起こす可能性があります。給湯器の安全装置が自動的に作動するようになっていたとしても不完全燃焼が続くと一酸化炭素中毒となり、最悪の場合命を失う事故にも繋がります。

水漏れを起こして給湯器内部のバーナーに水がかかると、ガスの燃焼が妨げられて一酸化炭素が発生します。おかしな臭いに気づいて給湯器を停止すれば問題ありませんが、窓を閉めきった室内に一酸化炭素が充満すると中毒症状を引き起こしてしまいます。

給湯器の使用を止めているあいだに中毒症状を発症するおそれもあるため、給湯器からの水漏れには常に注意が必要です。

給湯器の水漏れの原因

給湯器から水漏れが発生している場合、原因はどのようなことが言えるのでしょうか。給湯器の水漏れの原因について紹介していきます。

1.経年劣化によるもの

給湯器の平均寿命は10年ほどと言われており、10年以上使用している給湯器は、内部の部品が劣化して水漏れが引き起こされることがあります。

特に給湯器の内部にあるパッキンなどは、ゴム製品であるため劣化し、破損しやすい性質を持っているのが特徴です。パッキンの効果が薄れることで、水漏れが発生しているケースも少なくありません。

内部部品が破損しているだけであれば、交換するだけで問題ありませんが、10年以上使用している場合は、給湯器を新しい物に交換することも検討しましょう。

2.配管の凍結によるもの

冬に気温が下がった時には、配管内に溜まった水が凍結し、膨張することで配管が破裂してしまいます。破裂した部分から水漏れが発生するので、大量の水が漏れてしまうことが予想されるでしょう。

気温が0℃を下回った時に発生する水漏れは、凍結が原因である可能性が高いので、日頃から注意してください。

3.長期間の不使用

自宅を長期間空けて給湯器を使用せずにいると、内部の圧力が下がって水抜き栓から水が漏れ出してきます。水抜き栓は減圧や配管内の水を排出するために設けられている栓なので、ここから水が出ていても一時的かつ少量であれば問題はありません。 万が一頻繁に水漏れを起こしている、または水の量が多い場合には長期間の不使用に加えて他の原因が隠れている可能性があるため、専門の業者に点検を依頼してください。

4.取り付け時のミス

給湯器を設置する際に取りつけや配管の接続に問題があり、水漏れを起こすケースです。設置後すぐであれば取りつけ直しができますが、はじめは問題なく時間の経過とともに配管に負担がかかって水漏れになる場合もあります。 取りつけに関するミスは業者側の対応となるため、水漏れのはっきりとした原因を特定するためにも点検を依頼しましょう。

給湯器から水漏れしている時の対処法

給湯器から水漏れが発生している場合は、どのように対処すればいいのでしょうか。水漏れの対処法を紹介していくので、参考にしてみてください。

1.経年劣化が原因の場合

給湯器の経年劣化が原因で水漏れしている時の対処法は、新しい給湯器に交換するのがおすすめです。古い給湯器の場合は、破損しても内部パーツが取引されていない可能性も高いので、対処法としては交換してしまうのがいいでしょう。

2.配管の凍結が原因の場合

配管の凍結が原因で水漏れが発生している場合の対処法は、速やかに新しい給湯器に交換しましょう。配管が破裂してしまっている場合は、あらゆる箇所で破損が生じている可能性があるので、修理して再度使用することが難しいのが特徴です。

早めに業者に連絡して、給湯器を交換してもらってください。

3.長期間の不使用が原因の場合

長期間の不使用によって水漏れを起こしているときは水抜き栓からの水をすべて出し、排出が一時的であることを確認します。あまりにも水量が多い、排出が一時的ではなく継続しているようなケースは何らかのトラブルが起きている可能性があるため、すぐに専門業者へ連絡を行いましょう。

4.取り付け時のミスが原因の場合

取りつけ時のミスが原因の場合、水漏れを放置しているとさらに配管に負荷がかかり、水漏れ以外のトラブルに繋がるおそれがあります。ガス給湯器の取りつけを行った業者に水漏れの程度や箇所を伝え、点検依頼を行ってください。

給湯器からの水漏れした場合の対処法は交換がおすすめ

給湯器から水漏れした場合は、経年劣化や配管の凍結、どちらが原因であったとしても、交換するのが対処法としてはおすすめです。

見た目に、水漏れしている場所が一箇所だけであったとしても、後から破損して水漏れするケースもあるので、一度水漏れした場合は、速やかに新しい給湯器に交換した方がいいでしょう。

水漏れした場合には、業者に連絡して、速やかに交換してもらうようにしてください。


おすすめの給湯器ピックアップ

給湯器のコラムトップに戻る >

TOP