給湯器の種類と電気給湯器がおすすめの理由|給湯器選びのポイント

給湯器の種類と電気給湯器がおすすめの理由|給湯器選びのポイント

「給湯器を交換したいけど、どれを選べばよいかわからない」と感じていませんか。給湯器にはいくつかの種類があるので、特徴を理解してから選択する必要があります。給湯器の種類と各種給湯器の中で電気給湯器がおすすめの理由を解説します。給湯器選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

各種給湯器の種類とは

給湯器には次の種類などがあります。それぞれの特徴は以下の通りです。

  • 電気給湯器・・・電気を使ってお湯を作る給湯器。電熱ヒーター式と熱交換式に分かれる。
  • ガス給湯器・・・・ 都市ガス・プロパンガスを使ってお湯を作る給湯器。
  • 石油給湯器・・・灯油を使ってお湯を作る給湯器。
  • エコ給湯器・・・・従来タイプよりも熱効率を高めた給湯器。エコキュート(電気)・エコジョーズ(ガス)・エコフィール(石油)などに分かれる。

電気給湯器とエコ給湯器の違いとは

電気給湯器は、大きくエコキュートと電気温水器に分かれます。エコキュートは熱交換機を使って空気中に含まれる熱でお湯を作る給湯器、電気温水器は電熱ヒーターでお湯を作る給湯器です。 エコ給湯器は、熱効率を高めた給湯器の総称です。エコキュートは熱効率を高めた電気給湯器であるため、エコ給湯器に分類されます。

ちなみに、エコキュートと電気温水器を比べると、イニシャルコストはエコキュートの方が高く、ランニングコストは電気温水器のほうが高くなります。具体的な金額はケースで大きく異なりますが、パナソニックの試算によると電気温水器のランニングコストはエコキュートの4倍程度になります。

エコキュート:HE-JPU37KQS(希望小売価格:932,000円(税抜)、電気温水器:DH-37G5QU(希望小売価格477,000円(税抜))で比較。

出典:低ランニングコスト | 特長 | エコキュート | 給湯・暖房 | Panasonic

電気給湯器がおすすめな理由

給湯器の種類でお悩みの方には、電気給湯器をおすすめします。次の特徴があるからです。

  • 平均寿命が長い
  • ランニングコストが安い
  • 静音性が高い
  • 安全性が高い(加熱に火を使わない)
  • 非常時も安心(タンクにお湯をためているので、断水時も一時的に使える)

電気給湯器は、魅力的な給湯器といえます。

給湯器は電気給湯器がお得かも

給湯器には、電気給湯器・ガス給湯器・石油給湯器などの種類があります。どれを選べばよいかわからない方は、長寿命でランニングコストが安い電気給湯器を選んでみてはいかがでしょうか。電気給湯器は、エコキュートと電気温水器にわかれます。2つを比べると、イニシャルコストは電気温水器、ランニングコストはエコキュートのほうが安くなります。以上を参考に、給湯器選びを進めてみてはいかがでしょうか。


おすすめの給湯器ピックアップ

給湯器のコラムトップに戻る >

TOP