給湯器交換時にシャワーの水圧が変わる原因とは

給湯器

# 豆知識

給湯器交換時にシャワーの水圧が変わる原因とは

給湯器交換後、シャワーの水圧が変化し弱く感じられる場合があります。いくつか考えられる原因をチェックしていきましょう。

給湯器の号数が合っていない

万が一シャワーの水圧が安定しないと感じたら、給湯器本体の不具合のほかに号数も確認してください。キッチンと洗面所、洗面所と浴室のように、同時にお湯を使うようなケースでは号数が大きいほうが安定します。
給湯器の号数が大きいほどたくさんの水をお湯に変換でき、水圧も安定します。それに対して号数が小さいものは容量を超えると水圧が弱くなってしまいます。 給湯器の号数は1分間に水温+25℃のお湯が出せることを示しており、給湯器交換の際に号数を小さくすると水圧が弱くなる場合があります。
1人暮らしなら16号または20号で問題ありませんが、2人以上やファミリー層は20号以上を選ぶようにしましょう。

貯湯式の給湯器に交換した

給湯器には水道の水をそのままお湯に変換する「直圧式」と、一度給湯器内のタンクに水を貯めてから変換する「貯湯式」に分けられます。貯湯式は水道から給湯器への接続時に減圧弁を通すため、自動的に水圧が下がってしまうのです。

元栓が閉まっている

給湯器交換の際、一度止水栓や元栓を閉めて工事を行います。工事を終えたあとは元に戻すのですが、栓がしっかり開いていないと水圧が弱くなってしまいます。 元栓と止水栓はどちらも確認が必要です。特に止水栓が十分に開いていなければ水圧が弱くなってしまうので、元栓に問題がなければかならず止水栓をチェックしてください。

※水栓器具の目詰まりも水圧を低下させる原因となるため、修理点検は自分で行わず給湯器交換業者に相談を行いましょう。

エコキュートに交換すると水圧は弱くなることも

エコキュートは、深夜電力や自宅の太陽光発電の電力を利用することができる省エネ給湯器です。エコジョーンズと呼ばれる、省エネ型のガスを利用する給湯器とは使用するエネルギーが異なるだけでなく仕組みも違います。

エコキュートは、タンクに貯めた水をヒートポンプの熱交換方式で効率よく温め、非常に熱効率が高い方式です。タンクは使用量によって異なりますが、3人から5人が使用する場合、約400リットルタンクが安心です。

タンクからお湯を出すときに減圧弁を使用しているため、タンクの貯水量が減ると湯のでる勢いが弱まります。その結果、ガス型の給湯器に比べて、シャワーの勢いが弱いとか、水圧が弱いなどと感じる場合があります。また、極端な場合は湯切れを起こし、湯が出なくなることもあります。

選ぶ際には、タンクの容量が大きなポイントです。また、水から湯にするのにかかる時間や、水量のチェック機能などもよく考慮しましょう。

エコキュートの特徴を理解していただけたでしょうか?ガス代が高い地域では、さまざまな電力プランを利用すれば光熱費をおおいに節約できる利点があります。また、災害時の水の確保という観点からも魅力的です。

設備設置の初期費用は一般的にエコキュートの方が高いことや、必要な容量のタンクを設置する場所の確保も考慮しておく必要があります。
低周波の近隣への配慮も忘れずしましょう。

水圧が弱くなる原因はそれぞれ異なる

シャワーの水圧の変化にはさまざまな原因が考えられ、設備・機器どちらかに問題があるか、またはトラブルではない自然な状態として水圧に変化が起きることもあります。
設備機器に問題がなければヘッドが小さく少ない水量でも圧力を出してくれる「低圧用シャワーヘッド」に交換する方法もありますが、まずは元栓や止水栓のチェックを行い、給湯器の号数など基本的な項目も確認するようにしましょう。
交換した給湯器に原因があるのか、自宅や周辺の設備に不具合が出ているのかは詳しく調べなければわからないため、まずは給湯器交換業者にご相談ください。


おすすめの給湯器ピックアップ

給湯器のコラムトップに戻る >

TOP